Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る

あなたに合うベストな選択をしたいものですね。

選択肢の内容は、
相続した新潟のマンションです。

これから選ぶベストな選択肢は3つ。

それは、

・出来るだけ早く売却?
・少しでも節税?
・相場より高く売却?

 

一般的には、このような基準で選ばれると思います。
でも、これは3つの選択肢ではないです。

選択肢を絞る時、地域によって条件は異なります。

相続した場所は実家の新潟で雪国です。
高齢になり一軒家では広いし雪かきが大変だからと
マンションへ住替える人も少なくありません。

親が住んでいたマンションを相続した場合、
マンションをどうするのがよいでしょうか?

 

選択肢は3つ。
3つそれぞれにメリット、デメリットがあります。
マンションをどう活用するか参考にしてください。

マンションを相続したとき
してはいけないことは放置することです。

放置することにより資産価値は年々下がっていきます。
早めに今後マンションをどうするか決めましょう。

 

新潟の実家を相続、相続のお悩み解決します!
『不動産相続の一括サポート』

不動産相続の一括サポートとは、
ワンストップですべてに
携わってお手伝いをすることです。

最初から最後までを。

不動産相続に関して、
こんなことでお困りではありませんか?

・不動産を相続したけどどうしたらいいの?
・相続後の不動産の売却の手順方法は?
・相続する人がいない…アドバイスが欲しい…
・不動産の所有者が認知症になったが売却できるの?
・成年後見人制度とは?
・不動産売却時の節税対策とは?
・相続財産の確認がしたい
・相続税の費用が知りたい
・相続する人数で相続税がどう変わるの?
・司法書士、弁護士を紹介してほしい

など、不動産、相続に関するあらゆるご相談承ります。
私達、ハーバーエステートにお任せください!

現在はコロナ禍の影響により、
相続勉強会を開催することができない状況です。
が、
解除になり、今後はセミナー開催も可能になります。が、
現在は、緊急事態宣言が解除されたばかりです。
リモートセミナーにて相続勉強会を開催しています。

不動産相続に詳しい専門スタッフが
無料個別相談にて対応致しますの。
その他、提携している顧問弁護士、顧問司法書士の専門家もいます。
お気軽にお問い合わせください。

新潟の実家の空き家に明かりを灯してみませんか。
イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いをしております。
無料査定、無料相談はこちらから

⇒ >> 不動産相続一括サポート・各種無料セミナーはこちら

 

 

 

マンションを相続したらする事

相続が発生するとお葬式の準備や役所への届出など
することが山ほどあります。

あわただしい時ではありますがマンションについて
なるべく早めにするべきことがあります。

・マンションの管理組合へ連絡
一軒家と違いマンションには管理費や修繕積立金の支払いがあります。
毎月口座振替になっていることが多いので今後の支払い方法や未納がないか
確認の為に連絡しましょう。

その他に駐車場や駐輪場をどうするか、名義変更や解約など
あわせて必要な手続きをしましょう。

・公共料金などの名義変更、解約
電気、ガス、水道など、状況に応じて名義変更や解約をしましょう。

・住宅ローンの確認
マンションを購入する際、住宅ローンを利用する方が多いです。
まずは、残債があるのか確認しましょう。
完済されていれば特に手続きは必要ありませんが
返済中であれば借入先の金融機関に連絡し手続きを行いましょう。

団体信用生命保険に加入している場合、
ローンの残債は保険金で返済されますので
住宅ローン返済の心配はありません。
しかし、団信に加入していない場合、ローンの残債を返済しなければ
なりませんので、金融機関に連絡し残金確認と手続きを行いましょう。

 

相続したマンションの活用方法として3つ選択肢があります。

1、住む
居住用として自分たちで住む選択肢があります。
メリット
・家族の思い出の詰まったマンションを手放さずにすむ
・手続きがほかの選択肢より少ない
デメリット
・建物の老朽化
住む選択をする場合は、築年数に注意しましょう。
築20年のマンションを相続したとします。
10年、20年住み続けた場合マンションは築30年、40年になっています。
資産価値は相続した頃に比べ下がり、
マンション売却に手こずる可能性があります。
将来のことを見据えて、検討しましょう。

2、賃貸に出す
大きなメリットは不労所得が得られることです。
メリット
・収入を得ることができる
デメリット
・コストがかかる
・空室リスクがある
リフォームや修繕費用、不動産会社に支払う手数料がかかります。

3、売却する
売却することにより維持費や管理の手間がかかりません。
メリット
・不動産を現金化できる
・維持費がかからない
・管理の手間がかからない
デメリット
・資産として残すことができない
・利益が出た場合、譲渡所得税を支払わなければいけない

それぞれにメリット、デメリットがありますので
将来のことを見据えて慎重に検討しましょう。

 

不動産の無料査定、無料相談はこちらから
⇒ >> 不動産相続一括サポート・各種無料セミナーはこちら

 

 

【追伸1】

■売却査定のお悩み解決の為のタイプ別配信

売却査定のお悩み解決の為のタイプ別配信しております。
「住宅ローン」「住み替え」「不動産相続」「離婚前の不動産」
項目別はこちらからお選びください。
⇒ >> 売却査定のお悩み解決タイプ別メニューはこちら