Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る

新潟で住替える時にお得な提案があります。

それはリースバックです。

 

将来の住処としての新しいご提案です。
仮住まいや何度もの引越しをしないことで、
住み替えを思い悩んでいる方にとっては便利な方法の
ご提案です。

「リースバック」も何か月もの間、
何年もの期間ではないので、その点は
安心できますが、

 

売却で収入得た金額の管理が重要になります。
住替え先の資金であって、その他のお支払いに
充てないように注意しましょう。

 

れでは、具体的な事例を踏まえてご案内します。

 

現在の住まいを売却してその資金を利用し
住み替えを検討している方必見!
です。

 

イエステーションのリースバック制度とは?

現在の住まいを売却し住替える場合
イミングがとても大切になります。

売却と同時に購入をすることにより
仮住まいを準備しなくてもよくなります。

新居が決まる前に売却になった場合、
仮住まいが必要になり引越が2回必要になります。

費用と手間が2倍となります。

 

住み替えたいと思っていませんか?

住替えを考えている人はどんな理由があるのでしょう

・部屋を持て余しているのでコンパクトなマンションに住み替えたい
・建物の劣化が酷くなってきたのでリフォームされた一戸建てに住替えたい
・住宅ローンの支払いがきついので住替えたい
・もっと立地条件のいいエリアに住替えたい
・急な転勤が決まって住み替えることになった

と様々です。

 

のような悩みがあるようでしたら
住み替えを検討してみてはいかがでしょうか?

 

新潟の実家の空き家に明かりを灯してみませんか。
イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いをしております。

 

動産の売却や買取りから不動産販売、新築住宅のご提案。
預かりましたあなたの大切な不動産をLINEにて新着情報として
住替え先物件を購入希望者にLINEの新着のお知らせとして
スピード販売をワンストップでお手伝いをしています。

 

住替えの無料査定、無料相談はこちらから
⇒ >> 住替えに便利なリースバックのご相談、お問合せはこちらから

 

 

リースバックとは

通常の不動産の売却であれば、
有権が第三者に移った時で、
住まいから退去しなければなりません。

しかし、リースバックとはお住まいの売却後も
現地で賃貸での居住を継続できる制度です。

 

リースバックのメリットとデメリット

リースバックのメリット

自宅を売却した後も家に住み続けることができ、
せらずに住み替え先を探すことができます。

仮住まいを用意する必要がない、
引っ越し費用のお金と手間がかかりません。

 

一般的な仲介での売却の場合、
現金化するには販売活動から始まる為時間がかかります。
目安として3か月はかかるとよく言われます。

 

の間に気に入った物件を見つけても
売却資金を新居に充てようとしていた場合
間に合わなくて成約済みになってしまったと
いうことがありません。

 

契約成立後に素早い現金化が可能なので
新居の購入の資金に充てることができます。

 

リースバックのデメリット

売却価格は不動産の築年数などの不動産の状態や、
地などの条件のより査定価格を算出します。
不動産会社が買取りとなる為、
仲介での売却より安くなってしまいます。

仲介での査定金額も提示してもらい
仲介での売却と、買取による売却で
リースバック制度を利用するか
よく検討しましょう。

ースバックは売却後に賃貸借契約を結び、
住み続けることができます。
そのため、家賃が発生します。
売却前から慎重に話を進めましょう。

 

年話題となっているリースバック、
メリット、デメリットをよく理解した上で
検討しましょう。

売却からご購入まで専門スタッフが対応させていただきます。
お気軽にご相談ください。

無料査定、無料相談はこちらから
→ >> 大切な不動産売却査定のご相談、お問合せはこちらから

 

 

【追伸1】

■売却査定のお悩み解決の為のタイプ別配信

売却査定のお悩み解決の為のタイプ別配信しております。
「住宅ローン」「住み替え」「不動産相続」「離婚前の不動産」
項目別はこちらからお選びください。
⇒ >> 売却査定のお悩み解決タイプ別メニューはこちら