Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る

現在、新潟実家に親が一人暮らしをしている場合

相続が発生した場合どうするかを
考えておかなければいけません。

 

その前に、在宅介護が必要になるか?
それとも施設に入所の手続きが必要になるか?

 

将来のことは今から準備が必要になります。
在宅介護費用、もしくは施設入所の費用と。
予め、準備できるものなら
エンディングノート
準備してきましょう。

 

資産と借入について、相続されてから
困ることになりますから。
家族会議、その後親族会議と。

 

新潟実家の資産価値はどのくらいかは
今すぐはできないかと思います。
およその資産価値は知りたいものです。

 

あとで、相続税として表面にでてきたら
一定期間内に納付しないと大きな問題になります。

 

税金には優遇税制という制度があります。
どれをどの手順で行えば問題なくスムーズに行えるか?

 

手順のタイミングがズレたり、
売却の時期を間違えると、
税金が大きく変わる可能性があります。
相続が発生する前か後かが大きなポイントとなります。

 

しかし、どちらがお得かはその状況によって様々なので
自分でもどんな税金がかかるのか、
どんな特例があるのかを把握しておきましょう。

 

新潟の実家を相続、相続のお悩み解決します!

『不動産相続の一括サポート』

不動産相続の一括サポートとは、ワンストップですべてに
携わってお手伝いをすることです。
最初から最後までを。

 

こんなことでお困りではありませんか?

・不動産を相続したけどどうしたらいいの?
・相続後の不動産の売却方法は?
・相続する人がいない…
・不動産の所有者が認知症になったが売却できるの?
・成年後見人制度とは?
・不動産売却時の節税対策とは?
・相続財産の確認がしたい
・相続税がいくらくらいかかるのか知りたい
・司法書士、弁護士を紹介してほしい

 

など、

 

不動産、相続に関するあらゆるご相談承ります。
私達にお任せください!

 

現在はコロナ禍の影響により、
相続勉強会を開催することができない状況です。

 

が、

 

リモートセミナーにて相続勉強会を開催。

 

で、

 

不動産相続に詳しい専門スタッフが
無料個別相談にて対応致しますので
お気軽にお問い合わせください。

新潟の実家の空き家に明かりを灯してみませんか。
イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いをしております。
無料査定、無料相談はこちらから
⇒ >> 不動産相続一括サポート・各種無料セミナーはこちら

 

 

相続前と相続後のタイミングで変わってくる税金を2つご紹介

 

1、譲渡所得税

譲渡所得税とは、所得税と住民税があり
売却によって利益がかかる場合にかかる税金のことです。

譲渡所得は簡単に購入金額より高く売却になれば
利益がでたことになります。

3000万円で購入した物件が5000万円で売却となったら
2000万円の利益がでたことになります。
これを譲渡所得といいます。

譲渡所得税は約20%の所得税と住民税が課税されます。
2000万円の20%なので400万円の譲渡所得税がかかることになります。

 

3000万円の特別控除

譲渡所得税を払わなければいけませんが
3000万円の特別控除を利用することにより節税になります。

この制度は、条件を満たせば不動産を売却してでた利益を
3000万円まで控除してくれる制度です。

しかし、この特例を使うには細かい条件があります。

相続前と相続後では条件が少し違い
相続後の方が条件は一層厳しく感じます。

相続後に3000万円の特別控除を使うためには

和56年5月31日以前に建築された物件である
相続開始時に亡くなった人が一人で住んでいたこと
売却金額が1億円以下であること

と様々あります。

この3000万円の特別控除を利用するには
相続前に売却したほうが利用しやすいでしょう。

 

相続税

相続税とは被相続人(亡くなった人)が亡くなったとき
その人の財産を相続人(財産を相続する人)が取得した際に
かかる税金です。

相続税にも条件を満たせば節税できる特例があります。

小規模宅地等の特例といいます。

小規模宅地等の特例とは
亡くなった人が住んでいた土地について
一定の条件を満たして相続した場合、8割減の金額で
相続できるという特例です。

 

かい条件が多く複雑な為
専門家に相談することをおすすめします。
※司法書士、弁護士の専門家は弊社にも顧問依頼している
専門家の先生がおりますのでご不明な場合はお尋ねください。

この2つの特例を使ってどちらが税金の負担が減るかを
比べてみましょう。

無料相談・無料査定はこちらから
→ >> 大切な不動産売却査定のご相談、お問合せはこちらから

 

 

 

【追伸1】

■売却査定のお悩み解決の為のタイプ別配信

売却査定のお悩み解決の為のタイプ別配信しております。
「住宅ローン」「住み替え」「不動産相続」「離婚前の不動産」
項目別はこちらからお選びください。
⇒ >> 売却査定のお悩み解決タイプ別メニューはこちら