Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る

経験者がお薦めの『不動産相続の一括サポート』

新潟での相続税を売却資金で支払うには

どのように売却を進めたらよいでしょうか?

 

 

新潟県管内の税務署、新潟県税理士協会
新潟市、三条市、燕市、長岡市、新発田市、
胎内市、阿賀野市など各市役所の税務課に
相続税などをお問合せ下さいませ。

 

不動産相続、売買の手順としては新潟の不動産業者の

ハーバーエステート、イエステーション新潟店で対応しています。

 

相続した不動産も相続税の対象になります。
相続財産の現金が少なく不動産が多い場合、
納税資金をどのように準備したらよいでしょうか?

預金が多い場合は安心ですが

不動産を売却して相続税を支払う方法もあります。

不動産を相続した場合、しなければならない事
支払わなければならない税金があり複雑です。

 

相続税の納税には期限が決まっていますので

事前に把握しておけばあせらず対応することができます。

 

相続した不動産を売却することになれば
さらに複雑になってきます。

相続が発生してから
売却までにすること、支払う税金について

把握しておきましょう。

 

新潟の実家を相続、相続のお悩み解決します!

『不動産相続の一括サポート』
不動産相続の一括サポートとは、ワンストップですべてに
携わってお手伝いをすることです。
最初から最後までを。

 

こんなことでお困りではありませんか?

・不動産を相続したけどどうしたらいいの?
・相続後の不動産の売却方法は?
・相続する人がいない…
・不動産の所有者が認知症になったが売却できるの?
・成年後見人制度とは?
・不動産売却時の節税対策とは?
・相続財産の確認がしたい
・相続税がいくらくらいかかるのか知りたい
・司法書士、弁護士を紹介してほしい

 

など、

不動産、相続に関するあらゆるご相談承ります。
私達にお任せください!

現在はコロナの影響により、
相続勉強会を開催することができない状況です。

が、

リモートセミナーにて相続勉強会を開催。

で、

不動産相続に詳しい専門スタッフが
無料個別相談にて対応致しますので
お気軽にお問い合わせください。

新潟の実家の空き家に明かりを灯してみませんか。
イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いをしております。
無料査定、無料相談はこちらから
⇒ >> 不動産相続一括サポート・各種無料セミナーはこちら

 

 

経験者の相続から不動産売却までの流れ

1、相続が発生※被相続人がなくなった日

遺言書が残されていないか確認しましょう。
遺産の確認をしましょう。
財産には現金や不動産のみではなく
マイナスの財産、負債や税金の未払いも相続されます。

 

2、相続人同士で遺産分割協議を行う

相続人の確認をしましょう。
相続人が複数人いる場合は
遺産分割協議を行う必要があります。

 

3、不動産の名義人を変更する

相続した不動産の名義人を被相続人から相続人に変更しなければ
なりません。
これを相続登記や所有権移転登記といいます。
不動産の売却は名義人の同意がなければ売却でできません。
早めに相続登記を済ませておきましょう。

 

4、不動産会社に売却を依頼する

不動産の売却にかかる期間は一般的に3か月と言われています。
しかし、不動産のエリアや状態によって売却活動期間はそれぞれです。
早めに不動産会社へ相談しましょう。

 

5、不動産売却手続きを行う

売却を任せる不動産会社が決まれば、媒介契約を結び
販売活動が始まります。
販売活動により購入希望者が現れたら、内覧、契約条件の調整を行い、
条件が合えば売却となります。
売買契約を結び、決済、引き渡しを行い
不動産を現金化することができます。

 

6、相続の申告、納税

原則として被相続人がなくなってから10ヶ月以内に相続の申告と
相続税を納付しなければいけません。
10ヶ月もあると思いますが相続が発生するとしなければならないことが
たくさんあるので早め早めの行動を心掛けましょう。

 

不動産の無料査定、無料相談はこちらから
>> 大切な不動産売却査定のご相談、お問合せはこちらから

 

 

■「顔を見て安心!」オンラインセミナー

弊社では「顔を見て安心!」オンラインセミナーを行っています。
メール・電話の他に「顔を見て安心!」と言われる
「オンラインセミナー」を準備してお待ちしております。
お気軽に参加してください。
⇒ >> ハーバーエステートのテレビ打ち合わせ対応はこちら