Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る

春の宅地フェアで新潟の不動産のスピード売却のコツ!

相続や住み替えの不動産をなるべく早く売りたい!

早く売却しなければならないためには条件があります。
差し迫った方のために、確実かつスピーディな売却。

春の宅地フェアであなたから預かった不動産をスピード売却

してみませんか?

 

◆宅地フェアはこんな方におすすめです。

・ご事情により早期処分をしたい方

 

売却査定をご依頼してお任せいただいた業者(ハーバーエステート)と
不動産を売るための媒介契約を締結後に売るための広告活動に入ります。

 

通常の売却のための広告活動は1~3ヶ月程度、購入者が決まってからも、
住宅ローンや現金での残代金の受領までは1ヶ月ほど要することが一般的です。
できるだけ早く売却資金が必要な方はぜひご相談ください。

 

・周囲の方に知られたくない方

訪問査定でもご近所さんに知られたくないことが事情にありましたが
売却活動の広告などを一切行なわず、
周囲の方に知られずに売却することも可能です。

 

スピード売却査定は無料です。

売却査定の物件の市場調査、売却物件の調査を行い、
買取り価格をご提出いたします。
まずはお気軽にご相談ください。
無料査定、無料相談はこちらから
→ >> 無料査定、無料相談、高く売却をお考えの方はこちらから

 

土地購入者がどのような視点で売却依頼者から預かった

不動産(宅地フェア)を選んで購入されるか。

です。

 

◆購入者が最初に考える事は。(購入者視点)

失敗しない土地選び、住まいづくりの秘訣」を考えます。

正しい住まいづくりの手順
失敗しない資金計画
失敗しない住まいづくりです
銀行さんは土地選びを中心に考えて資金計画を考えていますと

 

金融機関は、土地と建物と諸経費で資金計画をみます。

土地だけでもだめですし、住宅だけでもだめです。
銀行さんは将来の返済計画をも考えています。
現役、老後の生活も資金生活の中に組み入れて考えています。

 

土地選びは、立地条件、日当たりやライフラインと便利さがポイントと
併せて土地の価格が気になるところです。

 

では、「失敗しない土地選び、住まいづくりの秘訣」を。

 

全ては手順があります。
その手順をおろそかにすると、大変なことになります。
同じことが、住まいづくりにも言えます。

 

その順番を守らないと、後で後悔することになります。

最たる間違いは、いきなり展示場や見学会に行くことです。
何も準備もせず、結論を求めようとしている。
それが最も大きな問題です。

 

なぜ私がそのように思うようになったか?
それは、お客様の経験をお聞きしたからです。

 

ほとんどの方が、同様の手順で住まいづくりを行っていました。
総合展示場に行き、出店しているメーカーを見て回ります。
また、見学会にも出かけて行きます。
もちろん、インターネットで調べたり、住宅雑誌を読んだりします。

 

しかし、それが間違いだったんです。

 

例えば、
50社から直接話を聞けば、それで十分調べたつもりになりますよね。
しかし、それでも満足のいく家づくりはできないんです。
住まいづくりの手順を間違えると、うまくいかないんです。

 

では、何が問題なのか?

もし、50社比較検討するとしたら、
かなり大変だと思います。

 

しかし、家を建てられる業者は、人口1,000人に対し約1社あります。
では、人口100万人だとしたら業者は1000社あることになります。
と言うことは、たとえ50社比較検討したとしても、1,000分の50。
そのたった5%の中から、自分にふさわしいと思う住宅会社を
選ぶことになるわけです。

 

だから、残り950社は知らないまま、家を建てることになります。

たくさん調べる人でも、せいぜい5%程度です。
さらに問題はあります。
それは、情報発信している業者の情報しか入ってこないことです。
住宅展示場がある、
見学会をしている、広告宣伝をしていて、営業マンがいる。

 

また、ホームページを開設している。
そういう業者しか知り得る機会がありません。
実は、情報発信している会社は、全体の20%以下でしょう。
人口100万人だと、200社以下ですね。
だから、残りの800社は、展示場はおろか見学会を開催したことがない。
また、広告宣伝をしないし営業マンもいない業者です。

でも、情報発信してないところに、
意外と優秀で信頼のおける業者がいるんですよ。
今日は、情報発信していない業者がたくさんあると言う話でした。
そして、多くの人は、そんな業者に巡り合うことなく家を建てているんです。

 

◆土地を購入される方の視点その2、

「建築業者・不動産から見た良い土地」の
判断基準を記しましたのでご参考下さい。

1. 敷地内の高低差
2.道路関係
3.用途地域
4.水路専用・下水道及び合併浄化槽

地選びはいろんな基準に照らし合わせて行わなければなりません。
不動産屋以外に個人で探す場合は、土地の大きさや、価格だけで土地を選んだしまう
傾向があります。

土地は、建物が建てられる土地と建物を制限する土地があります。

価格や大きさだけで選んでしまった場合、その土地に建物が建てられない土地も
ありますから注意が必要です。

選んだ土地にライフラインが別途となる場合や送電線が通って地役権の関係で
1階、2階と高さが制限される場合もあります。
土地選びは信頼のある不動産業者を先に探す必要があります。

 

◆建て替え新築のコツ

建て替えを検討されている方も参考になるのがハーバーハウスの
オープンハウスにはございます
今までの住宅の解体や新築が完成するまでの仮住まいなどです。

ここまではハーバーハウスの不動産部のハーバーエステートから
お客様から売却依頼をいただいて預かった。不動産物件を購入者が
どのような視点で不動産を選んで新築、住替えを行っています。

 

ハーバーハウスの不動産部のハーバーエステートには、

新築に関して不動産購入、相続などで相続した不動産をスピード売却の
データとノウハウがございます。
安心して売却査定、販売をハーバーエステートにお任せください。
トータルでご提案しています。
無料査定・買取り、無料相談はこちらから
⇒ >> 大切な不動産売却査定のご相談、お問合せはこちらから

 

 

【追伸1】

■LINEはLINE公式アカウントから配信しています

ハーバーエステート、イエステーション新潟店では、
最新情報を配信しています。
LINEのご登録はURLもしくは検索IDからご登録ください。
⇒ >> http://line.me/R/ti/p/%40nga9953e

 

————–
ID:「@herbar_jutaku」
————–