Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る

【新潟市秋葉区エリア】限定!売却物件募集中!

売却した年の固定資産税の支払いは誰が支払うの?
年度の途中で売却した場合でも売主が
固定資産税を全額支払わないといけないの?

もうすぐ、
固定資産税の納税通知書が届く時期になりました。

不動産を活用していれば別ですが
空き家の状態で放置している場合
固定資産税を
毎年払い続けるのは大変ではないですか?

毎年固定資産税を払っている。
定期的に空き家の様子を見に行って
掃除、管理している。

もし放置しているだけでしたら
売却して維持費と管理の手間から
解放されては
いかがでしょう?

 

今回の物件募集は「新潟市秋葉区」限定です。

新潟市秋葉区不動産物件買取り、売却物件募集中!

新潟市秋葉区の不動産を探している
お客様が11組いらっしゃいます。

特に新潟市秋葉区の荻川周辺、新津東町、新町周辺、
さつき野周辺、美幸町、美善周辺
のエリアは人気があり、

 

物件が少なくなっています。
新たに秋葉区重点エリアでお探しの
お客様が『11組』もいらっしゃいます。

物件に対して購入希望者が多い状態なので
好条件でスムーズに売却の
お話が
進む可能性があります。

 

重点エリアは不動産買取り強化中ですので

・近所の方々に知られたくない
・急な転勤や引っ越しが決まった
・実家に戻ることになった
・住宅ローンの支払いがキツクなってきた
・毎年の固定資産税が馬鹿にならない
・部屋数が足りなくなってきたので住替えたい
・近所の方とトラブルになっているので住替えたい
・違うエリアでもう一度建て直したい

こんなお悩みがありましたらご相談ください。

 

新潟の実家の空き家に明かりを灯してみませんか。
イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いをしております。

 

不動産売却や買取りから不動産販売、新築住宅のご提案。
預かりましたあなたの大切な不動産をLINEにて新着情報として配信。

住替え先物件として購入希望者にLINEの新着のお知らせとして

ワンストップでのスピード販売として、
沢山の不動産物件買取り、売却物件募集して
沢山の不動産販売取引実績を上げてお手伝いをしています。

不動産の無料査定、無料相談はこちらから
⇒ >> 不動産売却査定のご相談、お問合せはこちらから

 

固定資産税とは

固定資産税とは所有する固定資産に対して課せられる税金です。
主に土地や家屋が対象となります。
毎年1月1日時点で対象の不動産を所有している人に
支払いの義務があると考えましょう。

 

しかし、年度途中で不動産を売却する場合
誰が支払いをするのでしょう?

 

売却した年の固定資産税の支払いはどちらが負担するの?

 

度の途中で売却した場合でも
固定資産税の納税通知書はその年の1月1日に所有していた人に
郵送されてきます。
納税義務者は売却したとしても途中変更されません。

したがって売主に納税の義務があります。

しかし売却した物件の固定資産税を1年間分支払うのは

納得が行かないと思う人も多いでしょう。

そのため、納税義務は売主にありますが
売主と買主とで話し合い、負担割合を決めるのが
一般的となっております。

引き渡し日以降の固定資産税を日割り計算して

買主に負担してもらいます。

日割り計算した金額を事前に買主より預かっておき、
売主が納税することになります。

空き家で管理に困っている、維持費がかかっているなら
売却を検討してみてはいかがでしょうか?

不動産売却の無料相談、無料査定はこちらから
⇒ >> 大切な不動産売却査定のご相談、お問合せはこちらから

 

 

【追伸1】

■売却査定のお悩み解決の為のタイプ別配信

売却査定のお悩み解決の為のタイプ別配信しております。
「住宅ローン」「住み替え」「不動産相続」「離婚前の不動産」
項目別はこちらからお選びください。
⇒ >> 売却査定のお悩み解決タイプ別メニューはこちら