Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る

新潟実家や住みなれた不動産の売却を検討している場合、

仲介と買取りの販売方法があり迷うと思います。
どちらもメリットデメリットがあります。
今回は費用の面から考えてみましょう。

買取りを考えている人はどんな理由があるのでしょう

・子供の独立により部屋を持て余しているのでコンパクトな
 マンションに住み替えたい
・建物の老朽化が気になってきた
・シニア向けの住宅に住替えたい
・駅近や商業施設の充実したエリアに住替えたい
・子供と同居することになった
・雪かきの心配のいらないマンションへ住み替えたい
・老後の資金に不安があって住替えて蓄えを残したい

このような悩みがあるようでしたら
住み替えを検討してみてはいかがでしょうか?

 

住替えの場合は、年代別に変わるでしょうか?
ある調査会社によりますと、65歳以上の住替え先は
今までの住まいより狭い家に住替え先を選んだ割合は50%以上

と、

データも出ています。例えば、2階建てから平家へ、
戸建住宅からマンションへと面積の小さい住替え先を
選ぶ傾向にあります。

尚、今までの住まいより大きい住宅に住んだ方は3割にも満たない。
65歳以上住替え先の立地条件は総合病院などの大きな病院や
買物等の商業施設が充実しているところに住替えています。

都会の中心部から郊外のライフラインや通信環境(Wi-Fi)
充実した場所への住替え先を考えている傾向が半数以上。

 

新潟の実家の空き家に明かりを灯してみませんか
イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いをしております。

 

不動産の売却や買取りから不動産販売、新築住宅のご提案。
預かりましたあなたの大切な不動産をLINEにて新着情報として
住替え先物件としてご紹介しています。
住替えの売却と住替え先の物件購入はLINEの新着のお知らせ。
スピード対応をワンストップでお手伝いをしています。

無料査定・買取り、無料相談はこちらから
⇒ >> 大切な不動産売却査定のご相談、お問合せはこちらから

 

 

仲介と買取りの費用の違い

仲介の費用

・仲介手数料
仲介手数料とは不動産会社に成功報酬として支払う手数料のことです。
仲介手数料は一般的に
(売却価格×3%+6万円)×消費税です。

3000万円の物件を売却した場合
(3000万円×3%+6万円)×10%=105万6千円
の仲介手数料になります。

 

・印紙税
不動産の取引をした場合、売買契約書に収入印紙を
貼ることによって印紙税を納めます。

物件の価格によって納める印紙税は変わります。
一万円以下は非課税、
一万円以上は金額により200円~6万円です。
・3000万円の物件の売買の印紙税は2万円ですが
平成26年4月から令和4年3月末日迄印紙税の軽減の為
・3000万円の物件の売買の印紙税は1万円となります。

 

・抵当権抹消費用
抵当権とはローンを利用する際に銀行との抵当権設定契約後に
抵当権設定登記にかかる登録免許税額が住宅ローンの借り入れに対して
条件とかにもよりますが借入額に対して0.4%の抵当権設定費用がかかります。
万が一住宅ローンの返済が一定期間滞った場合に手続きを取って、
銀行が物件を差し押さえることができる権利のことです。

住宅ローンを完済し抵当権を抹消しなければ
物件を売却することはできません。

 

抵当権を抹消する際にかかる手数料が抵当権抹消登記費用です。
一般的には司法書士の専門家に依頼して抹消登記手続きを行いますが、
個人で行うこともできます。
複雑かつ重要な手続きの為一般的に司法書士の方へ依頼する方が多いです。
その他の理由として、
金融機関や法務局が司法書士からの手続きを求める場合があります。

 

・譲渡所得税

譲渡所得税とは物件を売却し利益がでた場合に
かかる税金のことです。
所得税と住民税を支払わなければいけません。

譲渡所得税の計算方法は、物件の所有期間によっても
税率が変わりますし複雑なので専門家に相談しましょう。
不動産を購入時の売買契約書又は請負契約書が必要になります。
不動産の売却した時の金額を購入時から差し引いた金額に対して
5年以上所有していたかいないかで「譲渡所得税」の税率が変わります。
※税金に関してはお近くの税務署又は市役所の税務課にお尋ねください。

その他税金を控除できる制度があります。

 

場合によってかかる費用

・ハウスクリーニング費用
売却にむけて内覧で好印象を持ってもらうために
ハウスクリーニングする場合があります。

 

・測量費用
土地の境界が曖昧な場合など、
測量費用がかかることがあります。
特に境界のブロックや塀のことが問題になっています。

 

・解体費用
古屋付きで売却もできますが
戸建てを解体し更地として売却する場合には
解体費用が必要になります。

 

・引越費用
売却で手一杯になっていて忘れがちですが
住んでいる家を売却する際、引越費用がかかります。

 

買取りの費用

仲介と買取りの費用での大きな違いは仲介手数料です。
買取りだと仲介手数料はかかりません。

物件の金額にもよりますが
3000万円の物件の場合、仲介手数料約105万円
かからないことになります。

これは大きな費用削減です。

その他にハウスクリーニング、リフォーム費用、
解体費用、測量費用など一切かかりません。
現況渡しで大丈夫です。

しかし買取りの場合のデメリットとして
買取金額は相場より6~7割安くなってしまいます。

そのことも含め検討してみてください。

買取りか仲介かお悩みの方
無料査定、無料相談はこちらから
⇒ >> 不動産売却・買取りのご相談、お問合せはこちらから

 

 

【追伸1】

■売却査定のお悩み解決の為のタイプ別配信

売却査定のお悩み解決の為のタイプ別配信しております。
「住宅ローン」「住み替え」「不動産相続」「離婚前の不動産」
項目別はこちらからお選びください。
⇒ >> 売却査定のお悩み解決タイプ別メニューはこちら