Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る

売却するなら誰でもなるべく高く売却したいと

思いますよね!

5つのポイントをおさえて
高くスムーズに売却しましょう。

新潟市東区の不動産を探している
お客様が20組いらっしゃいます。

特に新潟市東区の牡丹山、上木戸、中山周辺、
江南周辺、河渡、白銀、有楽周辺、
松崎、空港西、太平周辺のエリアは人気があり、
物件が少なくなっています。

新たに東区重点エリアでお探しの
お客様が20組もいらっしゃいます。

物件に対して購入希望者が多い状態なので
好条件でスムーズに売却のお話が進む可能性があります。

 

重点エリアは不動産買取り強化中ですので

・近所の方々に知られたくない
・急な転勤や引っ越しが決まった
・実家に戻ることになった
・住宅ローンの支払いがキツクなってきた
・毎年の固定資産税が馬鹿にならない
・部屋数が足りなくなってきたので住替えたい
・近所の方とトラブルになっているので住替えたい
・違うエリアでもう一度建て直したい

こんなお悩みがありましたらご相談ください。

 

新潟の実家の空き家に明かりを灯してみませんか。
イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いをしております。

不動産売却や買取りから不動産販売、新築住宅のご提案。
預かりましたあなたの大切な不動産をLINEにて新着情報として配信。
住替え先物件として購入希望者にLINEの新着のお知らせとして
ワンストップでのスピード販売として、
沢山の不動産物件買取り、売却物件募集して
沢山の不動産販売取引実績を上げてお手伝いをしています。

不動産の無料査定、無料相談はこちらから
⇒ >> 不動産売却査定のご相談、お問合せはこちらから

 

 

高く売却するコツ

1、築年数の古い場合は中古住宅として売却か
土地として売却か慎重に考える

中古住宅として売却する

エリアで中古住宅の需要が多い、
中古住宅が不足している場合は
築年数が古くても中古住宅としての売却をおすすめします。

建物に価値があまりつかなかったとしても
取壊し費用をかけて更地にするより
高く売却することが可能です。

土地として売却する

新築住宅が目立つエリアなら、取壊して
土地としての売却をおすすめします。

更地の方が購入希望者に好まれる傾向があります。

敷地全体が見られているのでイメージが湧きやすいですし
取壊し費用の不安もなく、新築住宅が建築できるからです。

 

2、土地の権利、境界線をチェックする

中古住宅の売却の際も、土地の権利や境界線が明確になっているか
確認しておく必要があります。

土地の範囲が明確でないと売却後にトラブルになる可能性があります。
境界線が曖昧な場合は
あらかじめ隣接地の所有者と協議しましょう。

 

3、雨漏り、シロアリなどの劣化がないかチェックする

建物は築年数と共に劣化していきます。
外壁や内装についても劣化がないかチェックしましょう。
特に雨漏りやシロアリの被害がないか気を付けましょう。

 

4、リフォーム履歴が分かるように書類を用意しよう

リフォームしている場合は、事前にリフォームした履歴の分かる
書類があれば用意しておきましょう。

リフォームした場合より高く売却できる可能性があります。
すぐ分かるようにリフォーム履歴をまとめておきましょう。

 

5、内覧対策をしっかりする

内覧は購入希望者が直接物件を見に来ます。
内覧の時までに徹底的に掃除をし、この家に住みたいと
思えるように整理整頓しましょう。

まずは、物を減らしましょう。
物で溢れかえった部屋では
自分が家に住んでいるイメージが湧きません。

掃除の際に気をつけるポイントは
キッチン、お風呂、トイレなどの水回りは汚れが目立つので
入念に掃除しましょう。

プロのハウスクリーニングに依頼もおすすめです。

その他に第一印象を決める玄関、収納が見たいと言われることが
あるので収納も整理整頓しておきましょう。

匂いや日当たりにも気を付けましょう。

以上5つのポイントに気を付けて高く売却を
成功させましょう。

分からないことがあればお気軽にご相談ください!

無料相談、無料査定はこちらから
⇒ >> 不動産売却査定のご相談、お問合せはこちらから

 

 

【追伸1】

■売却査定のお悩み解決の為のタイプ別配信

売却査定のお悩み解決の為のタイプ別配信しております。
「住宅ローン」「住み替え」「不動産相続」「離婚前の不動産」
項目別はこちらからお選びください。
⇒ >> 売却査定のお悩み解決タイプ別メニューはこちら