Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る

住替えに失敗している人に共通しているのは

住み替えのタイミングに失敗しているからです。

過去に事例は成功していたかもしれませんが、
コロナ禍と働き方改革で住替えにかかわる業種の人の
人材不足と時間外労働の削減によりサービスの方向性が
変わってきています。

引越し業者、不動産業者、建築業者、各種申請手続きの受付時間

など、

前は当たり前でしたことが今は確認作業が多くなっています。

 

住替えの繁忙期と売却査定、
購入者との条件も人手不足と働き方改革が影響しますので、
タイミングを見極めてローリスク、ローコストを
目指してより良い住まいへの住替えを成功させましょう。

 

住替えの失敗例はどんなことがあるでしょう。

・売却と購入が計画通りに進まなかった
・新居が先に決まり購入したものの、前住宅の売却が決まるまで
 二重ローンになってしまった
・売却が先に決まり引き渡しまでに新居が決まらず、
 仮住まいが必要になり引越しが2回必要になった

 

住み替えたいと思っていませんか?

住替えを考えている人はどんな理由があるのでしょう

・部屋数が足りなくなったので住替えたい
・部屋を持て余しているのでコンパクトな
マンションに住み替えたい
・建物の劣化が酷くなってきたので
リフォームされてある一戸建てに住替えたい
・住宅ローンの支払いがきついので住替えたい
・もっと立地条件のいいエリアに住替えたい
・急な転勤が決まって住み替えることになった
・両親、子供と同居することになったので広い家に住替えたい

 

と様々です。
住み替えだけでもこのような悩みがあるようでしたら
住み替えを検討してみてはいかがでしょうか?

新潟の実家の空き家に明かりを灯してみませんか。
イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いをしております。

不動産の売却や買取りから不動産販売、新築住宅のご提案。
預かりましたあなたの大切な不動産をLINEにて新着情報として
住替え先物件を購入希望者にLINEの新着のお知らせとして
スピード販売をワンストップでお手伝いをしています。

住替えの無料査定、無料相談はこちらから
⇒ >> 住替え売却査定のご相談、お問合せはこちらから

 

住替えのタイミングとは?

気を付けてほしいタイミングを3つに絞りました。

・不動産が活発に動く時期
・自分の経済状況のタイミング
・引っ越しに余裕のあるタイミングか

・不動産の売買が活発になる時期

不動産の売買が活発になる時期は
昔から3月と9月と言われています。

なぜかというと人が移動する時期だからです。
人が移動すると不動産も動くと考えてください。

春は進学、就職、転勤と新生活が始まる時期です。
その時期に合わせて住宅の購入を検討されている方は
1月から3月に購入を検討される方が多くなります。

不動産の売買が活発になる時期に住替えを始めれば
購入と売却がスムーズに決まる可能性があります。

・自分の経済状況のタイミング

住替えには新居の購入費用のほかに
様々な諸費用がかかります。

スケジュール通りに住替えができなかった場合も考え、
資金計画を立てましょう。

資金が十分にあり、収入が落ち着いているタイミングで
住替えを始めましょう。

・引っ越しに余裕のあるタイミングか

住替えたいと思っている時期からや
引っ越し期限から逆算して余裕のあるタイミングから
早め、早めの行動を心掛けましょう。

住替えのタイミングで失敗しない為には?

住替えの理想の流れは売却と購入を同時に行うことです。
3つのタイミングを見極めて、
時間・資金に余裕があるタイミングで住み替えを成功させましょう。

住替えの無料査定、無料相談はこちらから
⇒ >> 住替え売却査定のご相談、お問合せはこちらから

 

 

【追伸1】

■売却査定のお悩み解決の為のタイプ別配信

売却査定のお悩み解決の為のタイプ別配信しております。
「住宅ローン」「住み替え」「不動産相続」「離婚前の不動産」
項目別はこちらからお選びください。
⇒ >> 売却査定のお悩み解決タイプ別メニューはこちら