Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る

人生100年時代の到来、不動産の整理整頓

男女とも平均寿命が年々長くなっています。
現在、寿命が延びて、男性84歳、女性90歳
男女平均で87歳と公的機関まとめです。

 

新潟の実家の空き家に明かりを灯してみませんか。
イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いをしております。

 

現在60歳の人の予測平均寿命は89歳~94歳に
現在50歳の人の予測平均寿命は92歳~96歳まで
予測データも公表されています。

65歳ご夫妻で年金生活まで必要なお金は、
年間75万円、月単位で換算すると6.2万円の不足
とのデータもあります。

不動産管理も整理整頓が必要となります。
複数の不動産管理や相続しました不動産は
そのままでも費用が毎月かかります。

 

放置している不動産はありませんか?
不要になった土地や家、マンションを売却しよう!

もうゴールデンウィークですね。
実家に帰られる方もいるでしょう。

不動産をお持ちの方は様子を見に行かれる方も
いるのではないでしょうか?

不動産について、将来どのように活用していくか
お考えですか?

不動産について将来どのようになっていくか
不動産のプロが予測していることを
今回は発信していきたいと思います。

不動産を将来どうすればいいか考えるきっかけに
なってくれるとありがたいです。

 

人生100年時代の到来(備える事の大切さ)

現在の日本人の半数はすでに87歳
(男性84歳、女性90歳)まで
生きる時代になっています。

寿命の伸びは今後も続くと見込まれ、
2007年生まれの日本人の半数は
107歳まで生きられると予測されています。
(ライフ・シフトより)

ここで問題になってくる事は以下の通りです

・就業問題(何歳まで働けますか?)
・年金問題(いつからもらえる又、それで生活できますか?)
・住宅問題(都市部でも急速に人口が減少)
・老化問題(痴呆、施設入所)

以上のように問題は山積です。

でも実際は「何とかなるさ」の考え方の人がほとんどです。
⇒ >> 大切な不動産売却査定のご相談、お問合せはこちらから

 

現実的に私どもは何とかならなかった人の
末路を既に見始めています。
この中のひとつでも真剣に
今、考える必要があります。
(相続勉強会ではこのような取組もしております。)

 

◆不動産価値は2極化する
(価格上昇及び維持は2割、価格下落8割)

皆様も自宅やマンションを含め、
少なからず不動産を所有していると思います。
不動産の価格は基本的に経済と密接な関係にあります。

つまり、経済が停滞すると価格も下がります。
また一番の下落要因は人口の減少にあります。

2050年には約9500万人に、
ピーク時は2004年の1億2784万人でしたので、
今から50年前の人口に逆戻りします。(高齢化率約40%)

不動産の価格は需要と供給に大きく左右されます。
購入する人が減れば、不動産価格も大きく下落する構図です。

但し、維持される又は上昇する地域も勿論あります。
そのキーワードはコンパクトシティと立地適正化計画です。
新潟でもこの問題は既に始まっています。

 

◆2030年空き家率30%(住宅の約3割が空き家に)

総務省のデータでは2013年空き家は820万戸あり、
空き家率は13.5%です。

17年では1000万戸
30年の空き家率は30%台を上回る予測があります。

調査結果の中で空き家率が30%を超えた場合、
都市環境は悪化し、居住環境が著しく低下。

空き家への侵入や放火などの犯罪の温床となり、
なによりも街があれてくる、
しまいにはスラム化すると予測しています。

これは現にドイツのベルリンの壁が崩壊した時に
東ドイツに起こった現象です。

こうした事を予測して政府では対策を実施していますが、
まだ罰則のある制度とはなっていない為、
一向に改善されていない現状があります。

今後は特に相続を含めた空き家について
罰則制度の展開が予測できます。

高齢者社会、不動産価値の二極化、空き家問題と
たくさんの問題があります。

今は危機感を感じないと思いますが
感じた頃には遅いのです。

不動産を売却したいと思ったころには
周りは販売物件だらけになっているかもしれません。

早めに何か対策をたてる必要があるでしょう。

不動産管理はハーバーエステート
不動産相続窓口にご相談ください。

⇒ >> 不動産相続、管理と整理整頓はこちら