相続絡みで67%の方が悩んでいます。

不動産売却査定2新潟県で相続した不動産、戸建住宅、マンション、畑や
駐車場の土地を相続して実に67%(※1)の方が相続絡みで
悩んでいます。
※1: 67%の方のデータ:ハーバーエステートで
2015年8月~11月までの間、相続関係の相談を受けた
集計データより算出です

 

相続税に関して、

平成27年1月1日より相続税の改正されました。
改正前では定額控除5000万円、法定相続人ひとり当りの控除が1000万円でしたが、
改正後では定額控除3000万円、法定相続人ひとり当り控除が600万円と
大幅に引き下げ変更となりました。
今までは相続税がかからなかった人も改正後には相続税が
課せられるケースが多くなりました。

>> 新潟税務署はこちらから

新潟県で戸建住宅、マンション、畑や駐車場の土地を

査定依頼での相続した不動産に関する相談で大きく分けて3つになります。
case1:相続した不動産に相続人が多いこと
→遺産分割協議がなかなか進まない!相続登録手続きが長期化になり遅れる。

case2:親(名義人)が認知症になってしまった

→名義人本人が判断能力が無い時、売却の意思が確認できない。子供が勝手に
売却できない。

case3:長年連絡の取れない相続人がいる

→連絡先不明でも、勝手に相続を決めることができない。相続はもちろん、
不動産の売買も進まない。
結果→面倒だからといって相続問題を放置していると、
固定資産税を毎年ずっと払い続けることになる。
不動産が管理されていない場合は、価値を下げる結果となりうる。

相続登記ができない場合について

不動産相続登記相続登記ができない場合は、将来的に相続人が
増える可能性もあり、
さらなる問題に発展する場合も。

※相続人の一人が亡くなり、
その配偶者や子息が相続権利を
引き継ぐケースなども。

つまり・・・、

相続は争族と言われるように、遺産の分割で揉めることがあります。
「お金と違い、平等に分けづらい不動産だからこそ相続問題が深刻化する前に
早め早めの対策が必要」となります。
新潟土地建物サービスでは、新潟県内の不動産売買に関するご相談を
年間で1200件以上、受けさせていただいております。その中には、相続に
絡む話が非常に多く、相続問題がが複雑に絡んでいるケースも少なくありません。