オープンハウス・オープンルームは「マンションを売る時に役に立つのか?」

マンション売却について、オープンハウス・オープンルームの効果
あるのかどうか?気になるかと思います。
新潟市中央区のマンションの売却市場は特にです。

 

最初に、オープンハウス・オープンルームとは、マンション売却活動中の物件を
予約制や自由制にしてマンションを開放して、購入希望者に自由に
見学してもらう集客方法です。事前準備は綿密な計画がマンション売却の
成功のカギを握ることになります。

 

ただ、ここで知っておいて頂きたいのは、もしオープンハウスをして
お客さんが来なかったら、マンション売却活動にも影響します。
実は、これは致命的な問題につながります。

 

本来、販売金額を少しでも高く販売の計画が、活動期間やオープンハウスに
来場の新規のお客様や見込みのお客様が来ない事は、販売価格、売却タイミング
に支障が出ます。マンションのオープンハウス・オープンルームの事前準備は
綿密な計画が必要となります。

 

オープンハウス・オープンルームは、確かにお客さんを集めれるという方法にも
なりますし、もしそれで来なかったら単純に価格がやっぱりおかしいという
ことになります。販売価格が高すぎるということの一つの根拠になる可能性が
非常に高いということなりますね。

 

なかなか売れない中古マンションの場合は、まずオープンハウスをできれば開催して、
開催したけど来場者がいない場合は、もう価格を下げて、そして改めて売りに出す
ことになります。繰返しオープンハウスして売却できても、予定の手残りが
少なくなることも想定されます。

 

新潟市中央区のマンション売却の市場販売価格を念入りに市場調査して、
綿密な販売計画がマンション売却の成功のカギとなります。

 

このオープンハウス・オープンルームにかかる費用は基本的には、
不動産屋が出してくれますので、売主様の負担することありませんから
安心してオープンハウス開催をして頂ければと思います。

 

オープンルーム開催中は家を空けなければいけない

オープンハウス開催中は、希望者が室内を見学するため開催期間中は
家を空けなければいけません。

事前に打合せをして、なるべく不動産業者の営業マンに任せて、
出かけるようにしましょう。

 

 

チラシはできれば配る前にチェックさせてもらおう

オープンハウスは開催前にチラシを近隣に配るのが基本です。
そのチラシの内容に間違いがあれば、大変なことです。

手馴れた営業マンなら心配ないかもしれませんが、
大量に印刷して配布する前にチェックさせてもらうようにしましょう。

地図や開催日時、物件概要、部屋番号を中心に確認しておきましょう。

 

 

 

オープンルーム開催でより高い金額で売却できる可能性が高まる

オープンルーム・オープンハウスを開催すると、場合によっては、
複数の希望者から同じ日に申し込みが取れる可能性もあります。
通常の内見では、このようなことはまずありません。

 

購入希望者との1対1の交渉では、売却金額の値下げ交渉が入ることが多く、
交渉自体が「売り手主導」ではなく、「買い手主導」になりがちです。

 

優位性からみても、オープンハウス開催して複数の申し込みが入れば、
より高い金額で買ってくれる方に売却すればいいので、
価格交渉に応じる必要もなくなります。

 

つまり、価格交渉がない「売り手主導」となるのです。
結果的には、マンション売却の成約率が上がることになります。

 

 

新潟市中央区マンションの販売時期と需要とのバランス

年末・年始&新春のご売却応援キャンペーン