新潟市のマンションが売れやすい時期とは?

新潟の実家の空き家に明かりを灯してみませんか。
イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いをしております。

 

ひと昔は、人が動く春先に、
進学や就職で引越しができるスケジュールで
売りに出すという「売却の鉄則」がありました。
ここが需要の高い時期 = 売れる時期」
だったからです。

しかし、
今はまったく関係ないとまでは言えませんが、
昔のように「時期」が売れ行きに大きく影響を
受けることは少なくなっています。

その理由としては、
マンションの需要と供給のバランスが崩れ、
常に「供給過剰」状態にあり、買い手市場のため、
売りに出しても売れるまで時間がかかるファミリー層が減り、
夫婦共働き世帯や単身世帯が増え、引越し時期にこだわらない
といったことが考えられます。

また、
買い手の家の探し方も変わってきている点も
見逃せません。
特に若者ですと、不動産屋を直接訪ねる前に、
まずインターネットなど
不動産情報を探して
比較検討することから始めるでしょう。

自宅にいながら気軽に情報を得られるので、
差し迫っていなくても、購入への興味を持った時点で
PCやスマホからネットにアクセスを始めます。
ここに「時期」は関係ないのです。

今の時代、市場価格よりも低い値段で
売り出す場合を除き
「売却までの時間」を見込めるのが
難しくなっています。

マンションの売り時はいつ?について、
「マンションの売り時」という言葉から受ける印象は

景気回復してから売ると利益が発生し、
周辺の開発を待ってから売ると高値で売れる
というような、「高く売るためのテクニック」
に向けたことを連想するかもしれません。

しかし、景気回復が訪れるのは未来のことですから、
当然、誰も知るはずがありません。
景気回復はあるかも知れませんが、無いかも知れません。

「景気回復」という幻想に縛られ、売却へ向けたアクションを
一切起こすことなく、毎日を過ごしていくのであれば、
あなたの自宅マンションは、残念ながら価値が薄れていくのです。

不動産の販売テクニックのことばかりに目を向けていると、
あなたのマンションの売却価格は下がる一方なのです。

 

売却は、売り手と買い手の意志の合意で成立

「自宅を売却したい」そう思い立ったあなたは、
何から始めるのでしょうか。
「不動産会社へ売却査定依頼をする」、
不動産会社に高値で売却できるよう
査定してもらい、媒介契約を結び、
不動産会社に取引の相手を見つけて

もらい、売買契約を成立させてもらわなければなりません。

もし、あなたが
「より良い条件で売却したい」と考えるのであれば、
不動産会社を訪れる前にやっておくべき事前準備があるのです。

不動産を売買するには、買い手が必要です。
これは、マンションも一戸建ても土地だって同じです。

売り手であるあなたに事情があり、
売りたい自宅に特長があるように、
買い手にもそれぞれの事情があります。

新潟市中央区のマンションの自宅を希望通りの条件で
売却するには、相手の事情と不動産売却を
とりまく環境を知る必要があります。

希望どおりに売却するために
「3つの知る」ことを実践しましょう。

売り手のあなたと、第三者の買い手は他人です。
希望どおりに売却するには「3つの知る」を意識します。

希望どおりに売却するために「3つの知る」。
「3つの知る」とは、

1.「売主を知る」
2.「買主を知る」
3.「市場を知る」

この3つです

売り手の事情と自宅の特長を理解し、
自宅を買ってくれるであろう
第三者の買い手を研究し、
買い手となる相手が多く市場に出てくる
時期に売却を仕掛けることが大切です。

よりタイミングを見逃さないようにするためには、
景気動向、株式市場(市況)、金利、税制など、世の中の条件の
情報収集も欠かせません。

1.「売主を知る」「自宅の特長を知る」
あなたが、自宅を売却したい理由は何でしょうか。
売却希望時期はいつでしょうか?
どのような条件で売却したいのでしょうか?

「売れても売れなくても大した問題ではない」
「相手が見つかればいつでもよく、時期にはこだわらない」
「希望の売却条件はとくにない」と。

このような状態であれば買い手は見つかりません。
事前の段階で、何の為に売却するのか、いつまでに売却し、
引越しをしたいのか、手残りはいくら必要か、など、

目的や目標時期を

明確にしておくことが何よりも重要です。

2.「買主を知る」「市場調査を知る」

「売主を知る」で自宅の特長が明確になれば、
自宅がどのようなターゲットに向いているか、
どのような買い手が買ってくれそうかの目途がつきます。

ファミリーか夫婦2人かそれとも独身か。
若い人かシニアか。会社勤めか自営業か。自宅かセカンドハウスか。などです。
さらに、どのような節目で住宅を購入しようとしているのかも想像してください。

「買主を知る」場面で、買い手の条件が明確になったら、
次のステップは「相手が動く時期」のチェックです。

不動産は春に大きな動きがありますが、
転勤、進学、税制の適用要件などは、
年度の変わり目がポイントです。

また、結婚という家族が増えるライフイベントにおいても、
購入買い手を知る事にもなります。結婚式シーズンがあり、
春と秋前後に動く傾向にあります。

3.「市場を知る」「マーケティングする」

3つ目の知るは「市場を知る」です。
市場の動きは、過去、現在の観点から
見る必要があります。過去を振り返ると、
景気動向、金利動向、税制などの
変化とともに、
マンション市場動向は大きく変わってきました。

例えば、延期になりましたが
消費税増税が目の前に迫ったとき、
住宅ローンが低金利となったとき、
日経平均の株価が持ち直したときなどを機に、
住宅購入意欲が急激に高まり、
マンションや不動産市場は活性化しました。

また消費税や直接税の増税に伴う住宅購入支援策として、
住宅ローン控除の対象額が大きく引き上げられもしました。

このように市況をつくる要因は世の中の条件によって
形成されていきます。
では売主個人とどう当てはめればいいのでしょう。

「市場を知る」際に大切なのは、
今、マーケットはどのような時期なのか
マンション市場にアンテナを張りつつ、
どう活用するか考えることと、
諸条件を売り手と売却対象の自宅の場合に
あてはめて考えることです。

資産価値の高いマンション
の販売の時期などの
他に必要なことがあります。
それは「売主を知ること」が大切です。
「売主を知る」ことがしっかりと
できていれば、世の中の条件に
振り回されることはないのです。

 

新潟市中央区のマンションの「売れ時」を意識しよう!

「より良い条件で売れる時期に売る」ことはとても望ましく、
そうしたいと誰もが願うところです。

この「より良い条件」とは、
「自分にとって良い条件」
であることが重要です。

売りたい時期が真夏や真冬と、
いわゆるオフシーズンであっても、あなたが
その時期に売却する必要があるならば、
迷わずその時期に売り出しましょう。