高く査定、高く売却、見学時に好印象が決め手

新潟市中央区マンションを売る際、
誰もが「少しでも高く売りたい」

または「見学者に好印象を持たれたい」と思うものですが、
それらを実現させるためにはどんなことができるのでしょうか。
スムーズに高く査定、高く売却をするノウハウはあるでしょうか。

今お住まいの新潟市中央区のマンションの
お部屋の状況によります。

お部屋を清潔感を保ち、室内の好印象が高額査定、
高額売却の決め手、

マンションを売る場合に大前提として
抑えておきたいことがあります。

中央区マンションの価格には、駅からの距離や
築年数、向き、
物件の広さなど、買った後には変えられない
条件が大きく影響しています。

専有部分、つまり、居室内の環境を
改善して向上させることができる
価値の割合は限られていることを
念頭に入れておきましょう。

高額査定、高額売却の決め手は居室内の
水回りを清潔にすること。

必要に応じてはリフォームも検討すべきです。
人は見た目で、すべてを判断します。マンションも同じです。

居室内が
見た目以上にきれいであれば高額査定
高額売却も決め手になります。

清潔感については、当然のことながら、
査定をする不動産会社も
マンションの見学者も隅々まで調査・確認しますから、
徹底的に掃除を行なっておくことが原則です。

その中でも、キッチンやバスルームなどの
水回りが特に重要です。

もし、築年数が古い物件などで自力では汚れを
落とせないような場合は、
清掃業者に依頼するか、
少額のリフォームを検討してみては
いかがでしょうか。

また、入居中の場合は生活感が出てしまう可能性があります。
ある程度は仕方ありませんが、食事や子どもが遊んだ痕跡は
消しておいたほうが賢明です。それが高額査定、売却につながります。
→ 中央区マンションの机上査定・訪問査定についてはこちら。

中央区マンションの売却査定をスムーズにするノウハウ

マンション査定、売却の際に不利になる情報
ほど隠してはいけない。

その理由とは、マンションの査定と売買をスムーズにするためです。
マンションや不動産の売却及び査定ですが、売主は「より早く、
より高く売りたい」と思うのが一般的な心情です。

そのため、売主は有利な情報を前面に出して査定時にアピールし、
売却の時にもアピールしたいものです。一般的にいい情報や
都合の良い情報を前面に出してしまう傾向にあります。
反対に、不利な情報は隠したがる傾向が時々見受けられます。

しかし、
この不利な情報・隠したい情報であればあるほど、
隠してはいけない理由があるのです。

売主が買主に対して付される瑕疵担保責任でいう
「瑕疵(かし)」は
「隠れた瑕疵(かし)」のことを指します。
つまり、不利な情報、隠したい情報のことを言います。

この「隠れた瑕疵」の取り扱いは、
売却査定時にも公開し、その後、

契約当事者が合意の上、その契約時に定めますが、
売主が瑕疵として知っていた事実を隠した場合は
「隠れた瑕疵」にはあたりません。

もし「瑕疵担保責任を負わない」又は
「期間を定めて瑕疵担保責任を負う」
と特約で取り決めても、それが発覚した場合には、売主は査定時の状況、
媒介契約後に売買契約締結後に発覚した場合は、
売買契約時の状況の責任追及をされる可能性があります。

本当は隠すつもりはなくとも。
この瑕疵担保責任の問題は、実際の取引において
トラブルになりやすく、

色々な事件が幾度となく裁判で争われてきました。
このことから、瑕疵は隠してはいけないということは
ご理解いただけたと思います。

隠すつもりがなかった場合はどうなるのでしょうか?
一度、残金決済し登記を済ませて引渡しがされると、
買主から指摘されはじめて売主が気付いた事実であったとしても、
それを「意図的、計画的に隠した」と裁判官が判断すれば
責任を負わなければならない。

発覚後、後になって、隠すつもりはなかったと主張しても、
その時にはもう手遅れなのです。
その対策方法として、

有効なのが「告知書」の活用。

予め買主に告げるべきことは、しっかりと査定業者や
買主に告げなければなりません。

「告知書」は、決まった様式はありませんが、
売主から買主に対して告知する内容を、箇条書き等で分かりやすく、
取りまとめた書面のことをいいます。
その告知を受けた証として、
買主に日付・署名・捺印をしてもらい互いに保管します。

これは中央区マンションの売却査定をスムーズに査定、売却して
決済後に引渡をするノウハウです。

 

 

 

新潟市中央区マンションの初めての売却査定の悩み

 

新潟市不動産売却査定の応援キャンペーン