新潟での住み替えを検討されている方は、

住宅ローンを返済中の方がたくさんいらっしゃいます。

経験者の住宅ローン完済方法の公開
経験者はどのように住宅ローンのある住宅を売却して
住み替えを成功させているのでしょうか?

 

 

住み替えたいと思っていませんか?

住替えを考えている人はどんな理由があるのでしょう

・部屋数が足りなくなったので住替えたい
・部屋を持て余しているのでコンパクトな
マンションに住み替えたい
・建物の劣化が酷くなってきたので
リフォームされてある一戸建てに住替えたい
・住宅ローンの支払いがきついので住替えたい
・もっと立地条件のいいエリアに住替えたい
・急な転勤が決まって住み替えたい
・両親。子供と同居することになったので住替えたい

と、

様々です。
住み替えだけでもこのような悩みがあるようでしたら
住み替えを検討してみてはいかがでしょうか?

新潟の実家の空き家に明かりを灯してみませんか。
イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いをしております。

不動産の売却や買取りから不動産販売、新築住宅のご提案。
預かりましたあなたの大切な不動産をLINEにて新着情報として
住替え先物件を購入希望者にLINEの新着のお知らせとして
スピード販売をワンストップでお手伝いをしています。

無料査定、無料相談はこちらから
⇒ >> 住替え売却査定のご相談、お問合せはこちらから

 

 

住宅ローンを返済中の住宅は、勝手に売却することはできません。
住宅ローンを完済して、抵当権を抹消しなければなりません。

 

◆抵当権抹消とは?
住宅ローンを組む際に住宅を担保として抵当権を設定します。
抵当権とはローンの返済が滞った時など、
金融機関が抵当権を設定した住宅を差し押さえる事ができる権利です。

住宅ローン完済と同時に抵当権を抹消して売却することができます。

ローンの残債を一括返済するための費用と
抵当権抹消費用と司法書士に支払う手数料がかかります。

ローン一括返済の費用とは
住宅ローンの残債を一括で返済する場合、
金融機関に手数料を支払わなければなりません。
利用している金融機関によって手数料の金額や
手続きは異なってきますので
事前に問い合わせて調べておきましょう。

 

◆抵当権抹消費用とは
ローンの返済と同時に抵当権を抹消しなければなりません。
不動産1件につきと7,000円~15,000円くらいと考えておきましょう。
(※司法書士に依頼した場合の相場)

※司法書士に支払う手数料
抵当権抹消の手続きは本人も行うことができますが
司法書士や弁護士などの専門家に依頼する方が多いです。
【※理由:個人の場合は金融機関から抹消受付できない可能性】

重要な手続きなので専門家に依頼することをお勧めします。

 

◆経験者の住宅ローンの完済方法
経験者はどのように住宅ローンを完済されているのでしょうか

不動産を売却したお金で住宅ローンを完済
現在の住まいを売却した金額が残債より多い場合、
売却金額で住宅ローンを完済できます。

その他に資金が残る場合、
新居の住み替え資金に充てることができます。

不動産を売却した金額が足りない場合はどうするの?

 

・不動産の売却金額+貯蓄で完済する
売却金額が不足した場合は、
貯蓄から足りない分を足して完済します。
しかし、
住み替え資金には多額の費用がかかりますので
資金計画を綿密に立てましょう。

 

・貯蓄がない場合は住み替えローンを利用する

住み替えローンとは
住み替えローンとは新居の購入費だけではなく、
残債分も上乗せして借りることができるローンのことです。

住み替えローンには注意点があります。
住み替えローンは新居の価値以上のローンを背負うことになります。
ローンが返済できない場合、
新居を売却しても完済できない可能性があるというリスクがあります。

また、

金融機関による審査条件が厳しくなる傾向にあります。

住み替えローンはマイナス面も把握したうえで
慎重に資金計画を立てましょう。

なるべく早い段階で現在の住まいの査定依頼をしましょう。
いくらで売却できるかによって、
住み替え先の資金計画が変わってきます。

住み替え先の資金計画のほかに、
今後のライフプランも考えなくてはなりません。

子供の教育費や老後生活のこと、
長く住めばリフォームが必要になる可能性もあります。

無理のない資金計画を立てましょう。

無料査定、無料相談はこちらから
⇒ >> 住替え売却査定のご相談、お問合せはこちらから

 

 

【追伸1】

■売却査定のお悩み解決の為のタイプ別配信

売却査定のお悩み解決の為のタイプ別配信しております。
「住宅ローン」「住み替え」「不動産相続」「離婚前の不動産」
項目別はこちらからお選びください。
⇒ >> 売却査定のお悩み解決タイプ別メニューはこちら