新潟市でも不動産を売却、購入で税金変わります

不動産を購入していた期間は売却した時期に
よっては
税率は大きく変わります。

不動産の売却時の税金って複雑!
知らないと損をするかも多く税金を支払うことになったり、
節税のことや優遇税制のことを予め知っていれば
確定申告書時期に慌てないで済むことになります。

不動産の売却での税金について事前情報を
知っていれば困ることもありません。

それでは、税金のあれこれ。

 

中古住宅、マンション、土地を売却する際、
売却金額ばかりに意識がいきがちですが
売却が済んだ後にかかる税金のことを
忘れてはいけません。

譲渡所得税はどんな税金かご存知ですか?
譲渡所得税は所得税に属します。
その中でも一般課税と分離課税に分けられます。

売った土地や建物の所有期間が、
売った年の1月1日現在で5年を超えるかどうかにより、
適用する税率が売却のタイミングによっては
税金が倍近く変わってきます。
※詳しくは、お近くの税務署や市役所の税務課
お問い合わせください。

 

今回は「新潟市秋葉区」限定です。
新潟市秋葉区不動産物件買取り、売却物件募集中!

新潟市秋葉区の不動産を探している
お客様が11組いらっしゃいます。

特に新潟市秋葉区の
荻川周辺、さつき野周辺
新津東町、新町周辺、美幸町、
美善周辺のエリアは人気があり、

物件が少なくなっています。
新たに秋葉区重点エリアでお探しの
お客様が11組もいらっしゃいます。

物件に対して購入希望者が多い状態なので
好条件でスムーズに売却のお話が進む可能性があります。

 

重点エリアは不動産買取り強化中ですので

・近所の方々に知られたくない
・急な転勤や引っ越しが決まった
・実家に戻ることになった
・住宅ローンの支払いがキツクなってきた
・毎年の固定資産税が馬鹿にならない
・部屋数が足りなくなってきたので住替えたい
・近所の方とトラブルになっているので住替えたい
・違うエリアでもう一度建て直したい

こんなお悩みがありましたらご相談ください。

 

新潟の実家の空き家に明かりを灯してみませんか。
イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いをしております。

不動産の売却や買取りから不動産販売、新築住宅のご提案。
預かりましたあなたの大切な不動産をLINEにて新着情報として
住替え先物件を購入希望者にLINEの新着のお知らせとして
スピード販売をワンストップでお手伝いをしています。

不動産の無料査定、無料相談はこちらから
⇒ >> 不動産売却査定のご相談、お問合せはこちらから

 

 

譲渡所得税とは?

譲渡所得税とは不動産を売却して出た利益にかかる所得税です。
売却した金額から購入時の金額と売却にかかった費用を差し引いた金額が
譲渡所得税となります
売却金額-購入時の金額-売却にかかった費用=譲渡所得

不動産譲渡所得税の税率は、

不動産の所有期間によって異なります。
判断基準としては、
不動産を売却した年の起算日1月1日現在で、
その不動産の所有期間が「5年」を超えているかどうかです。

5年を超えている場合
「長期譲渡所得」といい、

超えていない場合
「短期譲渡所得」と言います。

「5年」を超えているかどうかで大きく税率が変ります。

税率は下記の表を参照にしてください。
左から「区分」、「所得税」、「住民税」となり、

長期譲渡所得:「所得税」15%、「住民税」5% = 20%
短期譲渡所得:「所得税」30%、「住民税」9% = 39%

詳細は、
この税率及び計算は目安です。
詳しくはお近くの税務署又は市役所の納税課にご確認ください。

 

譲渡所得税の支払い時期

不動産を売却し利益が出た場合、
翌年の確定申告で申告をします。
毎年の2/16~3/15が申告期間です。

申告を忘れてしまうと遅延金が発生する可能性がありますので
注意が必要です。

納付期間も申告時期と同じ2/16~3/15となっております。

確定申告も納付も期間が短いため
早めの準備を心掛けましょう。

利益が大きければ税金も高くなりますので
事前に準備しておきましょう。

節税制度もあります。
※条件がありますので該当するかは、
お近くの税務署や市役所の税務課に
お問い合わせください。

無料相談、無料査定はこちらから
⇒ >> 不動産売却査定のご相談、お問合せはこちらから

 

 

■売却査定のお悩み解決の為のタイプ別配信

売却査定のお悩み解決の為のタイプ別配信しております。
「住宅ローン」「住み替え」「不動産相続」「離婚前の不動産」
項目別はこちらからお選びください。
⇒ >> 売却査定のお悩み解決タイプ別メニューはこちら