不動産の売り時を購入希望者目線で考えてみましょう

不動産の売り時と買い時は連動している!

新型コロナ感染拡大の影響により、
一時不動産の売買が落ち込みましたが
また徐々に活発に取引されるようになってきました。

政府も経済をまわすために色々な政策を打ち出していますが
不動産業界にも関係するものがあります。

不動産の購入を後押しするということは
不動産の売却を後押しすることにつながります。

視点を変えて購入希望者の購買意欲が高まっているときが
不動産の売り時と考えましょう。

住み替えを検討している場合にもお得な情報となっております。

住み替えたいと思っていませんか?

住替えを考えている人はどんな理由があるのでしょう

・部屋数が足りなくなったので住替えたい
・部屋を持て余しているのでコンパクトな
 マンションに住み替えたい
・建物の劣化が酷くなってきたので
 リフォームされてある一戸建てに住替えたい
・住宅ローンの支払いがきついので住替えたい
・もっと立地条件のいいエリアに住替えたい
・急な転勤が決まって住み替えたい
・両親。子供と同居することになったので住替えたい

このような悩みがあるようでしたら
住み替えを検討してみてはいかがでしょうか?

新潟の実家の空き家に明かりを灯してみませんか。
イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いをしております。

不動産の売却や買取りから不動産販売、新築住宅のご提案。
預かりましたあなたの大切な不動産をLINEにて新着情報として
住替え先物件を購入希望者にLINEの新着のお知らせとして
スピード販売をワンストップでお手伝いをしています。

無料査定、無料相談はこちらから
⇒ >> 不動産売却査定のご相談、お問合せはこちらから

 

不動産を購入する際、住宅ローンを検討される方が
多いと思いますので、知っておいて損はないでしょう。

住宅ローンの減税制度とは

住宅ローンの減税制度とは住宅ローンを利用して
不動産を購入する場合に、購入者の金利負担の軽減を
図るための制度です。

住宅ローンを利用して住宅を購入し
要件を満たしている場合、税金が控除されます。

ローンの年末残高の最大1%を所得税、住民税から控除する制度です。
最大控除額は400万円にもなります。

住宅ローン減税の控除期間は10年でしたが、

消費税増税に伴い

税制改正によって2019年10月以降は13年間になりました。

2019年10月から2020年12月末までの期間限定だったのですが
政府が控除期間の延長を検討していることがわかりました。

新型コロナ感染拡大の影響により低迷している
住宅需要を支える為の対策として検討されているようです。

どれくらいの延長となるのかわかりませんが
住宅ローン減税の延長の実施が決まれば
購入希望者の購買意欲につながることでしょう。

購買意欲につながることにより
売却の売り時と言えるのではないでしょうか?

不動産の売り時を逃さずにスムーズな売却を
目指しましょう。

無料査定、無料相談はこちらから
⇒ >> 不動産売却査定のご相談、お問合せはこちらから

 

 

■売却査定のお悩み解決の為のタイプ別配信

売却査定のお悩み解決の為のタイプ別配信しております。
「住宅ローン」「住み替え」「不動産相続」「離婚前の不動産」
項目別はこちらからお選びください。
⇒ >> 売却査定のお悩み解決タイプ別メニューはこちら