今まで管理していた実家の不動産を家族に任せる

タイミングがいずれ訪れます。
新潟の実家の不動産を相続して使ってもらうか。

あとを継がなくなったので売却するにも
そのまま売却すると費用が多くかかる場合があります。

国や都道府県で売却するにも便利な方法があります。
それを活用してみませんか。
ご家族や相続された方も喜ばれると思います。

では、一例をご提案致します。
不動産の売却には様々な特例があり、
相続前と相続後でも違ってきます。

 

新潟の実家を相続、相続のお悩み解決します!

不動産一括サポート

こんなことでお困りではありませんか?

・不動産を相続したけどどうしたらいいの?
・相続後の不動産の売却方法は?
・相続する人がいない…
・不動産の所有者が認知症になったが売却できるの?
・成年後見人制度とは?
・不動産売却時の節税対策とは?
・相続財産の確認がしたい
・相続税がいくらくらいかかるのか知りたい
・司法書士、弁護士を紹介してほしい

など、不動産、相続に関するあらゆるご相談承ります。
私達にお任せください!

現在はコロナの影響により相続勉強会を開催することが
できない状況です。

しかし、相続に詳しい専門スタッフが
無料個別相談にて対応致しますので
お気軽にお問い合わせください。

新潟の実家の空き家に明かりを灯してみませんか。
イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いをしております。

不動産の売却や買取りから不動産販売、新築住宅のご提案。
預かりましたあなたの大切な不動産をLINEにて新着情報として
住替え先物件を購入希望者にLINEの新着のお知らせとして
スピード販売をワンストップでお手伝いをしています。

不動産をお持ちのご高齢の方でしたら
相続前か?相続後か?
と悩まれたことがあるのでないでしょうか?

相続の前か後かのタイミングは
状況によって異なります。

2つのポイントに絞って気をつけましょう。

・売却して利益が出ると譲渡所得税がかかる
譲渡所得税とは売却益が出た場合にかかる
所得税と住民税のことです。

所有期間にもよりますが税率が
20%と高くて有名な税金の一つです。

この税金に3,000万円特別控除が使えるか使えないかで
税金を大きく抑えられます。

3,000万円特別控除とは
条件を満たした場合、譲渡所得税のうち最高3000万円まで
税金がかからないという制度です。

相続前と相続後では条件が変わってきますので
事前に確認しておきましょう。

・相続時、不動産より現金で持っている方が相続税は高くなる
相続税は不動産の場合時価ではなく、
土地は路線価、建物は固定資産税評価額によって評価されるため
課税評価額が時価よりも低くなります。
それにより、相続税が節税されます。

現金を相続される場合は、現金そのままの金額での
課税評価額なので、不動産と比べると不利になってしまいます。

その他にも小規模宅地等の特例や所得費加算の特例があります。

この小規模宅地等の特例の条件を満たした場合
相続税に大きく影響します。

80%相続税が節税できる可能性があります。
詳しくはお問い合わせください。

不動産の売却には様々な特例がありますが
専門用語が多いし、条件に当てはまるかわかりづらいと思います。

私の不動産はどの制度が適用できるのか
お気軽にご相談ください。

専門スタッフが最善の方法をご紹介します。

無料査定、無料相談はこちらから
⇒ >> 不動産売却査定のご相談、お問合せはこちらから

 

 

■売却査定のお悩み解決の為のタイプ別配信

売却査定のお悩み解決の為のタイプ別配信しております。
「住宅ローン」「住み替え」「不動産相続」「離婚前の不動産」
項目別はこちらからお選びください。
⇒ >> 売却査定のお悩み解決タイプ別メニューはこちら