新潟の実家不動産を売却することによって

セカンドライフを充実させることができます。

老後生活は何かとお金がかかります。
医療費、介護費用、老人ホームに入居となると
まとまったお金が必要になります。
このような必要費用については、本人名義では
金融機関では融資は受けられません。

若い時からの貯蓄や退職金を蓄えて将来、
老人ホームに入居や介護費用に充てることが出来ます。

若い時からそのようなことで蓄えることは難しいと思います。
一般的には住まなくなった実家の不動産の事があります。
家族会議を経て実家の売却をして施設や介護費用に
充てることが一般的になっています。

■このようなご相談事例がありました。

・母親が老人ホームに入居することになりました。
「私は、千葉県に住んでいます。
大学を出て千葉市に就職し、
結婚期に市原にマイホームを購入し、子供2人の4人家族です。
母が実家の新潟市に一人暮らしていたが、認知症を発症したので
順番待ちをしていた特養ホームに入居することになりました。
老人ホームはお金がかかると覚悟はしていましたが
老人ホーム入居の見積をみて驚きましたが、
一人暮らしでは心配なので、今後のこともあり
入居費用に不安がありますが施設の入居を決意しました。」

「しかし、入居にお金がかかり、年金ではまかなえません。
年金から足りない分は母の貯蓄から支払いに充てますが、
まだ貯蓄はあるもののどんどん減る一方です。
将来的にこのままでは貯蓄が尽きてしまうのではないかと
不安で一杯です。
新潟市の実家が空き家ですが住む予定もありません。
今後の施設の入居費用に充てられるか査定相談をお願いしたい。」
というご相談がありました。

高齢化社会の現在このようなご相談が多くきます。

老人ホームや介護施設には介護の状態や入居条件により
様々な種類が存在しています。

きく分けると二つに分かれており
社会福祉法人や自治体が運営する公共型の施設と
民間企業が運営する施設があります。
その中でもさらに細かく分かれています。

民間企業の老人ホームは入居費用が公共型の施設に比べて
高く、入居一時金に数十万円から高いところでは1000万
かかるところもあるそうです。

新潟の実家の空き家のご相談をワンストップで。
イエステーション新潟店ハーバーエステートは
ハーバーハウスの不動産部です。

不動産の売却や買取りから不動産販売、新築住宅のご提案と
あなたの大切な不動産を最後までワンストップでお手伝い。
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売、新築までお手伝いしております。

無料相談、無料査定はこちらから
⇒ >> 不動産売却査定のご相談、お問合せはこちらから

 

親名義の実家を売却する方法

不動産の売却は所有者本人の意思確認が必要です。
たとえ、親の不動産であっても子供が勝手
に売却することはできません。

親が元気で意思確認がしっかりできる場合の売却と
認知症などで意思確認ができない場合の売却で
2つの方法があります。

親が元気な場合

所有者本人が元気で売却の意思確認ができる場合は
委任代理で売却することができます。

意識がはっきりしていても、入院中だったり
老人ホームに入居していると外出は難しい事が多いです。

体が不自由だったり、体力が低下していて
不動産会社との手続きが負担になる場合に
この方法が利用されます。

委任代理とは、所有者本人の代理で売却することです。
その場合、本人が署名捺印した「委任状」があれば
代理人として売却することができます。

委任状に実印を捺印し、委任した人の印鑑証明書と住民票を
一緒に提出しますがそれだけでは売却できません。

不動産会社の担当者一緒に、司法書士が所有者と面談して
本人確認や売却意思の確認をすることにより
委任状が成立します。

親が認知症の場合

認知症などにより、判断能力が低下していると
代理の手続きをしても委任状が無効になってしまいます。

その場合は「成年後見人制度」を利用して
不動産の売却を行うことができます。

成年後見人制度とは?

認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力不十分な方々は
不動産や預貯金などの財産を管理したり、身のまわりの世話のために
介護などのサービスや施設への入所に関する契約を結んだり、
遺産分割協議をしたりする必要があっても
自分でこれらのことをするのが難しい場合があります。

また、自分に不利益な契約であってもよく判断ができずに
契約を結んでしまい、悪徳商法の被害にあうおそれもあります。

このような判断能力の不十分な方々を保護し、
支援するのが成年後見制度です。

家庭裁判所に選ばれた「成年後見人」が所有者に代わり
契約を結ぶことができます。

しかし、成年後見人に選ばれても勝手に売却することはできません。
家庭裁判所の居住用不動産を売却する許可が必要です。

成年後見人が選任されて、許可を得るまでには
数か月かかります。

成年後見人制度を利用するとなると
時間がかかると考えてください。

それから売却活動になりますので
さらに時間がかかります。

弊社には委任状や成年後見人などのご相談をできる
司法書、弁護士をご紹介することができます。

お気軽にご相談ください!

住まなくなった新潟の実家を売却し
老後生活や介護に充てて不安のない豊かな生活を

 

◆無料売却相談(飛込みご来店もOK)随時募集中!

不要な不動産の売却や住替えご検討のお客様大歓迎!!

「顔を見て安心!」オンラインセミナー
弊社では「顔を見て安心!」オンラインセミナーを行っています。

期日:令和2年8月1日(土)~8月31日(月)10:00~18:00
場所:イエステーション新潟本店(新潟市中央区明石2丁目2-20)
   イエステーション燕三条店(三条市須頃1丁目32-2)
   イエステーション長岡店(長岡市神田町2丁目1-2)
※空き屋、相続、不動産売却、アパート経営、贈与、
信託など無料でご相談いたします

無料売却相談、無料売却査定のお申込みはこちらから
⇒ >> 無料売却査定のご相談、お問合せはこちらから

 

 

■売却査定のお悩み解決の為のタイプ別配信

売却査定のお悩み解決の為のタイプ別配信しております。
「住宅ローン」「住み替え」「不動産相続」「離婚前の不動産」
項目別はこちらからお選びください。
⇒ >> 売却査定のお悩み解決タイプ別メニューはこちら

 

■「顔を見て安心!」オンラインセミナー

弊社では「顔を見て安心!」オンラインセミナーを行っています。
メール・電話の他に「顔を見て安心!」と言われる
「オンラインセミナー」を準備してお待ちしております。
お気軽に参加してください。
⇒ >> ハーバーエステートのテレビ打ち合わせ対応はこちらをクリック