住み替えにはどんな理由があるでしょう。

新潟でも住み替え案件が多くなってきました。
子供たちが大きくなり独立し夫婦二人の生活になった場合
戸建てでは広すぎる。
マンションへの住み替え。

 

反対に結婚後家族が増えてマンションでは
手狭になったので、
子供も安心して遊べる戸建住宅への住み替え。

・広すぎる家は掃除が大変です。

・お隣との壁が気になって子供が遊べない。

・新潟は雪がたくさん降ります。

 

 

■住み替え先は「マンション」「戸建住宅」

子供が巣立ち、年を重ねていくにつれて
掃除や雪かきが大変で実家を売却し
マンションに住み替える方も多くいます。

結婚、子供の進学や転勤に合わせて住み替える。

結婚や子供の進学でマイホームを購入する方は
多くいると思います。

建てる時は夢と希望でいっぱいで
長く住むつもりで新築を建てます。

しかし、人生にはいろいろありますから
やむを得ず離婚になってしまった場合は
そうしたらいいのでしょう。

お互い新たな第一歩を歩み出そうとしていますが
二人で建てた家はどうしたらいいでしょうか?

離婚することが決まった方の住まいには、
住宅ローンの残債が残っている方が多いです。

もし、住み替えの為に売却となった場合
住宅ローンはどうなるのでしょう。

新潟の実家の空き家のご相談をワンストップで。
イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いしております。

 

 

■離婚時の財産分与とは?

離婚が決まったら夫婦の財産を平等に分配する
財産分与を行うことになります。

夫婦で貯めた貯金や不動産、車や家具など
夫婦の共有財産から支払ったものはすべて財産分与の
対象となります。

不動産などの半分にできない物はどのように財産分与
すればよいのでしょう?

 

■住宅の財産分与の方法とは?

婚後の住宅の行方は大きく分けて二つです。
売却かどちらかが住み続けるかです。

売却と済み続けるかそれぞれのメリットを
考えていきましょう。

 

 

■売却のメリット

を残しておくと後々トラブルの原因になることが
多々あります。
最近は共働きの夫婦が多いので家を共有名義に
している場合が多いです。

その場合、共有名義のままにしておくと
売却する際に両方の同意が必要になりますので
離婚した後も連絡を取らなければならなくなってしまいます。

ラブルを避けるためにも
離婚の際には家を売却して現金化をしてから
平等に分けることをお勧めいたします。

お互いに新しい住まいを探さなくてはいけませんので
財産分与して、住み替えの資金に充てることができます。

かし、離婚の場合は住宅ローンを払い始めて
間もないなど、残債が残っている場合があります。

不動産を売却した代金でローンを完済できない場合があります。
その場合は不足分を夫婦の貯金から出す必要があります。

 

 

■住み続けるメリット

供がいる場合、離婚は精神的な大きな負担となります。
離婚に加え、引越、転校となると更に負担となることでしょう。

なるべく環境を変えないようにと
住み続ける場合があります。

しかし、住み続けるにはリスクがあります。

住宅ローンを完済しているか、
名義人は夫か共有かにもよりますが
リスクがあります。

なので、一般的に売却してローンの完済を
目指す方が多いです。

離婚には様々なトラブルがつきものです。
離婚の準備をしなくてはならないし、
新しい住まいを探さなくてはなりません。

るべくトラブルなく不動産を財産分与するなら
売却をお勧めします。

弊社では買取りに力を入れています。
不動産の買取りですと
ご近所に知られたくない!
すぐに現金が必要!
などにお応えすることができます。

まずは仲介の査定金額、買取りの査定金額を
聞いてみて売却するかどうか考えてみてください。

秘密は厳守致します。

無料査定、無料相談はこちらから
⇒ >> 不動産売却査定のご相談、お問合せはこちらから

 

 

■大切な不動産の「顔を見て安心!」サポート

弊社では担当者の「顔を見て安心!」サポートを行っています。
ール・電話の他に「顔を見て安心!」と言われる
「テレビ打合せ」を準備してお待ちしております。
お気軽に参加してください。
⇒ >> ハーバーエステートのテレビ打ち合わせ対応はこちらをクリック

 

 

■売却査定のお悩み解決の為のタイプ別配信

売却査定のお悩み解決の為のタイプ別配信しております。
宅ローン」「住み替え」「不動産相続」「離婚前の不動産」
項目別はこちらからお選びください。
⇒ >> メールマガジン項目別メインメニューはこちら