新潟市のマンションの住み替えはローン返済中でも

売却での住み替えはかのうでしょうか?

住宅ローンの返済中でもやり方次第では可能になります。
住宅ローン返済中は売却しての住み替えなどは、
売却したくても売却できないと思っていませんか?
なぜなら住宅ローンを払い終わってないから
皆さん住宅ローンの残債があっても住み替えを成功させています。

 

「人生三大支出」の中の住宅取得は
手順として、若いうちは可能です。

「人生三大支出」とは
・学資などの教育費
・住宅取得にかかる費用
・老後の生活費

と、この「人生三大支出」の中の住宅取得費用は、
もっとも高額な費用です。

金融庁が老後生活費の2,000万円問題が1年前に
あったかと思います。

これは老後の生活費を国が推奨する投資を活用して
貯蓄を行ってくださいとプレゼンをしたところ
プレゼンが滑った話です。
・貯蓄(2,000万円)+退職金+公的年金

今から貯蓄するのにも、住み替えに貯蓄を取り崩して、
住み替えのローン返済で売却した時の不足資金に
老後の生活費に貯蓄していた資金を充てることは
避けたいものです。

教育資金と住宅ローンや住み替えローンは
若い時に金融機関が融資してくれますが、
老後の生活費には金融機関は融資をしてくれません。

そのための老後の生活費は貯蓄の2,000万円と公的年金、
長年勤めあげた退職金を取り崩して、
90歳もしくは100歳まで老後の生活をしなくてはなりません。

そのためには、人生の三大支出のお金の計画は必要です。
その一つは「資金計画書」です
住み替えは無理のない資金計画が重要です。
特に残債がある場合は慎重に見極めましょう

新潟の実家の空き家のご相談をワンストップで。
イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いしております。

 

ローンの残債があっても売却できるの?

住宅ローンを完済しなければ勝手に売却することはできません。
なぜなら抵当権がついているからです。
抵当権とはお金を借りるとき、
家や土地を担保としておける権利のことです。
「返済が滞ったら、代わりに家や土地を売却して返済してもらいます」
ということです。

住宅ローンを完済して抵当権を外すことにより
売却することができます。

住み替えをされる多数の方は住宅ローンの残債がありましたが
住み替えを成功させています。

現在の家を売却して、売却したお金で住宅ローンを
完済しているからです。

売却した金額でローンが完済できればいいですが
もし足らなかった場合は皆さんどうしているのでしょう?

・売却した金額+貯蓄から捻出
・売却した金額+住み替えローンを組む

売却金額や貯蓄で完済できない場合は
住み替えローンを利用する方法があります。

住み替えローンとは売却金額で返済できなかった分を
新居購入費に上乗せして借りる方法です。

例えば、300万円残債があり、2,500万円の新居を購入する場合
300+2,500=2800  2,800万円が借入額となります。

住み替えローンの借り入れで住宅ローンを
完済することができますので売却が可能になります。

しかし、住み替えローンは通常の住宅ローンよりも
高額になります。
それにより、借入の審査基準も高くなります。
利用する場合は、事前に審査基準を把握しておきましょう。

そして、住み替えローンを無理なく返済していけるかを
よく考えましょう。

子供の進学、結婚、孫の誕生、
定年などライフスタイルは
「人生三大支出」で変化していきます。

大きな出費や収入の変化があっても返済していけるか
何度もシミュレーションしてみましょう。

査定価格は実際の売却価格ではありません。
査定価格で売り出したとしても、
値段交渉などで売却価格が低くなる場合は
よくあることです。

査定価格でシミュレーションして、
低くなることも想定して
さらにシミュレーションしましょう。

明らかに返済能力が不足していると判断された場合は
無理せずにもう少し価格の低い物件を探すなど
安全な方法を取るようにしましょう。

とにもかくにも売却査定をして、残債とくらべてみてください。

無料査定、無料相談はこちらから
⇒ >> 不動産売却査定のご相談、お問合せはこちらから

 

 

■大切な不動産の「顔を見て安心!」サポート

弊社では担当者の「顔を見て安心!」サポートを行っています。
メール・電話の他に「顔を見て安心!」と言われる
「テレビ打合せ」を準備してお待ちしております。
お気軽に参加してください。
⇒ >> ハーバーエステートのテレビ打ち合わせ対応はこちら

 

 

■売却査定のお悩み解決の為のタイプ別配信

売却査定のお悩み解決の為のタイプ別配信しております。
「住宅ローン」「住み替え」「不動産相続」「離婚前の不動産」
項目別はこちらからお選びください。
⇒ >> メールマガジン項目別メインメニューはこちら