新潟の住み替えで大切なことは売却の手順

間違えないことです。

・売却のタイミングを間違えた
・売却の手順を間違えた
・購入者の条件を間違えた
・住宅ローンの住み替え条件を間違えた

その他にもいろいろとあります。
事例を交えてご紹介します。

 

 

ローンの残債が完済できるか、
新居の費用にいくら充てられるか。
もし、ローンを完済できない場合、
住み替えローンなど活用を考えなくてはいけません。
売却がうまくいくことにより
資金計画が立てやすくなります。

住み替えとなると一生懸命新しい住まいを探します。
夢と希望に満ち溢れインターネットや
不動産のチラシをみては、
家族と「ここがいいんじゃない?」
「ここも素敵よ」と話が盛り上がります。

しかし、新しい住まい探しはとても大事なことですが
売却をおろそかにしては後々大変なことになります。

売却を制する者は住み替えを制する

新潟の実家、新たに明かりを灯してみませんか。
イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いしております。

新築住宅、中古住宅、マンションへの住み替えは
それぞれの専門家が親身に対応させていただきます。

より良い住まいへのお手伝いいたします!

 

住み替えはタイミングと資金計画が重要

住み替えはタイミングが命
理想の住み替え方法は売却と購入を同時に行うことです。
同時に行うことで余計な出費を抑えることができます。

しかし、決済を同時に行うには
綿密なスケジュール管理と不動産会社の協力が必要です。

ぜひ、売却と購入を同じ会社にしましょう。
別の会社にしてしまうと、スケジュールの調整を
すべて自分でしなければならなくなってしまいます。

もし、同時に行うことが難しければ売却を
優先することをお勧めします。

住んでいる家の住宅ローンの残債が残っていて、
売却したお金で残債を一括で払って新しい住まいを購入する方が
多くいらっしゃいます。

売却を優先することにより、
購入の資金計画がたてやすくなり、
急いで売却する必要がないので納得のいく金額で
売却することが可能になります。

売却してしまえば、いくら購入資金に充てられるかが
明らかになりますのでしっかり資金計画が立てられます。

新居は決まったけど売却できていない場合は
二重ローンになる可能性があります。

売却を優先することにより二重ローンを避けることができます。
売却出来ればいいですがもし売却できなかった場合のことを
考えると…不安になりますよね!

購入を優先する場合は住宅ローンを完済している場合や
十分な購入資金がある場合にしましょう。

しかし、新しい新居が見つかるまでに仮住まいが
必要になってきます。
それに伴い、引っ越し費用もかかってきます。

不動産会社とよく相談し費用を最小限に抑えられるように
スケジュールを立てましょう。

住み替えには不動産の買取りもお勧め!

買取りとは

不動産会社が直接不動産を買い取ることです。
買取りのメリットは買取り金額の交渉が終われば、
すぐ現金化できます。

売れ残る心配がありません。
早急に現金が必要な時にお勧めです。

しかし、買取りのメリットとして
市場価格より2,3割程度安くなります。

買い取ってもらえば、内覧などの手間が省くことができ
新居探しに集中することができます。

買取り時期についても不動産会社と相談することができますので
同時に売却と購入の決済が可能になります。

イエステーション新潟店ハーバーエステート株式会社では
売却には売却の、購入には購入の、買取りには買取りの
専門スタッフがおります。

不要な出費を避け、スムーズな住み替えができるように
計画的に進めていきましょう。

無料相談、お問い合わせはこちらから
⇒ >> 不動産査定のご相談、お問合せはこちらから

 

住み替えには不動産の「売り先行」と「買い先行」ポイント

・中古住宅から別の中古住宅への住み替え
・中古住宅から新築住宅への住み替え
・中古住宅からマンションへの住み替え
・マンションからの中古住宅への住み替え
・マンションからの新築住宅への住み替え
・中古マンションから新築マンションへの住み替え

と、
概ね6パターンの住み替えがあります。
東京オリンピック後のオリンピックショックで
不動産の売却物件が数多く市場に出されるのは予想されます。

概ね東京周辺の関東、大阪などの関西、福岡などの九州、
札幌などの北海道などが予想されます。

新潟や新潟市の地方はタイミングが遅れて市場に
売り物件が予測されます。

オリンピックショック
オリンピック前に物件購入して、販売している外資系の人たちや
国内の投資家などが投資目的で不動産を購入して、
オリンピック開催前に売却活動も予想されます。
その結果、そのタイミングまでに売却できない物件が残ることも、
オリンピック閉会後に市場では売却で余った物件が、
溢れ出ることもシンクタンクでは予測されています。

新型コロナウイルスの影響も実家や所有の住宅や分譲マンションの
商談もなかなかできない環境にもなっています。
早めの行動がポイントとなります。

住み替えはとのタイミングが理想的でしょうか。
高い価値で売却できるかがポイントです。

住み替えによる「売り先行」「買い先行」の流れを説明します。

 

住み替えの流れ

プランを立てる
住み替え先の検討、ローン残高・預貯金のチェック、
おおむねの予算を決める

査定依頼
新潟の不動産会社に売却査定をお願いする

相談
査定金額をもとに予算の見直しや
売却先行、購入先行でいくか決めます

1.売り先行
売却をしてから新居の購入になります。
※仮住まいや一時的に賃貸住宅のアパートやマンション

2.買い先行
新居の購入をしてから売却になります。
※ダブルローンの事も考慮することになります。

3.媒介契約を結ぶ
売却活動をするために契約を結びます。
※専任媒介契約、一般媒介契約のどちらかの締結

4.売却活動
広告を出し売却活動が始まります。
※専任と一般媒介契約では売却活動が変わります。

5.売買契約
購入希望者と売買契約を結びます。
※購入者の住宅ローンの事前審査承諾後の成立

6.決済・引き渡し
売却金額の受取と物件の引き渡しを行います。

おおまかな流れをご紹介しました。
しかし、その物件や、お客様の状況により
流れは多少変わってきます。

流れを把握することも重要ですが、
担当者と納得がいくまで相談し、綿密に段取りを組みましょう。

親切・丁寧を心掛け、専門スタッフが対応いたします。

無料不動産売却査定の依頼はこちらから
⇒ >> 無料不動産売却査定の依頼はこちらから

 

 

■メールマガジン項目別メインメニュー

項目別に不動産情報のご案内致します。
タイプ別に売却査定のお悩み解決の為の配信しております。

「住宅ローン」「住み替え」「不動産相続」「離婚前の不動産」

項目別メインメニューはこちらからお選びください。

⇒ >> メールマガジン項目別メインメニューはこちら