新潟の実家マンションを相続して売却か資産運用か

をご検討の方。売却した場合は手残り計算をして
いくら残るか調べていますが具体的事例を気になる方。

売却金額全部が手に入るわけではありません。
今お持ちの不動産の条件で手残り金額が変わります。

不動産を売却する際、なにか目的があって
売却しようと考えると思います。

住み替え費用にあてたい。
老人ホームの入居費用に充てたい。
相続人が複数人いるので売却して現金化した後に
均等に分けたい。

など理由は様々ですがどれも事前に手残りが
いくらくらい残るかを計算しなければ
資金計画、ライフプランを立てることができません。

相続したマンションをどうするか、
相続後の選択肢によってかかる費用や
その後に入ってくる金額、手残りが違ってきます。

新潟の実家の空き家のご相談をワンストップで。
イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いしております。

 

相続後のマンションの選択肢は大きく分けて4つ

 

①相続したマンションに住む

もともと住んでいた場合や相続してから住む場合は
一番手続きが簡単ですし費用もあまりかかりません。

所有権移転登記を行う費用と相続税の支払いのみとなります。
相続して現金が入ってくるわけではありませんが
可能なら住み続けることをお勧めします。

 

②賃貸に出す

賃貸に出す場合のメリットは一定の不労収入が
得られることです。
すぐに高額な収入があるわけではありませんが
賃貸経営がうまくいけば長く収入を得ることが可能です。

賃貸のデメリットとしては維持管理費がかかることです。
ハウスクリーニング、リフォーム費用、維持費用のほか、
賃貸収入にかかる税金を支払わなければいけません

空室になった場合は収入はなくなるが維持管理費はかかり
マイナスとなってしまいます。

 

③売却する

相続した不動産を売却することにより不動産を現金化できます。
一度にまとまった金額の現金が手に入ります。
相続人が複数人いる場合、現金化することにより
分割しやすくなります。

売却する際は手残りを算出することを忘れてはいけません。
売却費用、税金として
・仲介手数料
・譲渡所得税
・印紙税
・登録免許税
・消費税
などがかかります。
物件の状況によってさらに費用がかかることもありますので
売却する前に不動産会社に手残り計算をしてもらいましょう。

売却時に支払う税金をなるべく抑える方法、節税対策もありますので
お気軽にご相談ください。

 

④とりあえず放置する

一番してはいけないことは放置することです。
収入が得られないのに、維持管理費だけがかかってしまいます。
特にマンションは固定資産税のほかに
空室でも管理費や修繕積立費を毎月支払わなければいけません。

なにか活用がなければ売却を検討してみてください。
⇒ >> 不動産相続勉強会・不動産投資セミナーはこちら

 

 

不動産相続勉強会のお知らせ

相続勉強会とは、不動産をお持ちの方が
知っておくべき相続の基礎知識などを、
事例を交えながらわかりやすく学ぶことができます。

県外にお住まいでご兄弟やご親族が新潟に
お住まいの方は「代理人」として参加は可能です。

次回開催日は…

相続勉強会の開催予定相談会・セミナーの開催は
弊社ホームページで公開しております。
今回は下記のご日程の予定相談会をご案内します。

2019年 12月 5日(日)
・時間:【午前】10:00~12:00
    【午後】14:00~16:00
・会場:東区プラザ(東区役所内)
    新潟市東区下木戸1-4-1
・定員:各回10名様(申込先着順)
・参加費:無料
・内容:【午前】相続勉強会①セカンドライフの前に知っておくべき事
    【午後】相続勉強会②相続とは?

今回は第一回目となっておりますのでわかりやすい内容となっております。

参加費無料・完全予約制となります。
先着順となりますのでお早めにお申し込みください。

その他に、山の下、大形、石山でも
地域勉強会を開催しております。
詳しくはお問い合わせください。

申込は弊社専用の申込フォームからお願い致します。

⇒ >> 不動産相続勉強会・不動産投資セミナーはこちら