実家を相続、空き家管理に疲れ今後の事を検討

潟市に不動産を持っています。
現在は横浜市に住んでいて、就職、結婚をし、
結婚を機に分譲マンションを購入して、
妻と子供2人の4人で住んでいます。

今の環境からは新潟に戻る予定はありません。
新潟市にある不動産は実家で現在は両親がなくなり、
すでに5年がたち空き家となっております。
一人息子だったので私が相続しました。

定期的には帰って掃除などしていますが、
いつまでもこうしていられるか,,,

 

今は親戚の協力もあり実家の管理を定期的に行ってもらっています。
実家への帰省は年に数回、私たち家族でも行っています。。
最近は親戚もすっかり代替わりをして、
実家のことを頼むにも難しくなってきました。

この先空き家をどうしていくかと考えると
不安になって夜も眠れません。
私が健康のうちはいいですがその後はどうするか,,,

もし投資不動産として価値があるならいいですが
売却も検討しています。

新潟の実家の空き家に明かりを灯してみませんか。
イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いをしております。

売却や投資不動産に不向きな不動産が
あることをご存じですか?

市街化調整区域という言葉を耳にしたことはありますか?
普段生活しているなかでは聞くことのない言葉だと思いますが
不動産売却する中ではとても重要なポイントとなります。

市街化調整区域とは
市街化調整区域は都市計画法に基づき指定される、
都市計画区域における区域区分のひとつ。

簡単にいうと市街化区域と市街化調整区域にがあります。
市街化区域すでに市街地を形成している区域や優先的かつ計画的に
市街化を図るべき区域のこと。

市街化調整区域は市街地から離れている郊外で農地を目的とした土地、
あまり市街地開発をせず、無秩序な市街地の拡大を防ぐ地域です。

市街化調整区域は、市街化を抑制する地域であるため新築をたてる際に
自治体に開発許可を受けなければいけませんし、
建て方やたてられる規模など多くの制限があります。

しかし、新築をたてられないわけではありません。
その自治体によって条件は異なりますが一定数の家が建っていて
宅地化されている地域では市街化調整区域でも
誰でも一定の手続きすれば新築を建てることができます。

もし、開発許可を受けることができなくても投資不動産としてすることが
できるかもしれませんので諦めずにご相談ください!

まずは持っている不動産が売却に向いているのか
首都圏売却相談会に参加して、不動産投資のこと、
将来のこと等を今からご相談ください。
—-

 

首都圏売却相談会開催のお知らせ

不動産部門のハーバーエステートでは
新潟県外にお住まいの方に出張で相談会を
定期的に行っています。

首都圏売却相談会は相続勉強会も兼ねております。
相続勉強会とは、不動産をお持ちの方が
知っておくべき相続の基礎的なことを
お話させていただきます。

4月、6月開催は多くのご参加をいただき、
遅くにお申し込みいただきました皆様には
一部お断りさせて頂きご迷惑をおかけいたしました。
ご参加希望のお客様はお早めに申し込みを。
先着10名迄です。

首都圏売却相談会開催
「首都圏売却相談会」をご希望される場合は
下の方にお申込みフォームへのURLがございますので
専用フォームよりお申込みください。

首都圏にお住いのお客様は、新潟のご実家や
お困り不動産についてご相談できます。

今回は投資不動産鑑定士の資格をもつ責任者でもある
安孫子が出張いたします。

売却を考えている方はもちろん
投資不動産にご興味がある方もどんどんご応募ください!

期日:令和元年 8月25日(日)13:00~17:00
場所:ブリッジにいがた
(東京都中央区日本橋室町1-6-5だいし東京ビル2階 日本橋三越前)

※開催時には多くのご参加いただき、誠に有難うございました。
個別相談に付、完全予約制になります。

参加無料です。
先着順になりますのでお早めにお申し込みください。
>> 首都圏売却相談会のお問合わせはこちら