老後生活の為に投資不動産を始めようかな?

後の2,000万円不足問題が気になります。
老後の為に眠っている実家の不動産活用の検討を?

新潟市に不動産を所有、売却か土地活用かで迷っています。

老後は資金面などで子供達には迷惑をかけたくない。
老後の生活の為に投資不動産を始めようか考えています。

定年間近の東京都内在住のご夫婦からご相談がありました。

もうすぐ退職しますが老後生活が不安です。
退職金が出ますし、年金も65歳から受給される予定です。

しかし、貯金はほとんどなく
退職金は住宅ローンの残債を一括で払う予定で
マンションを購入したのであてにはできません。

年金の他に「2000万円不足」報道に正直困惑しています。
かと言って子供達に迷惑はかけたくありません。

新潟市に使用していない土地があります。
奥さんの実家を相続しましたが
現在は更地にして放置していました。

売却すれば老後生活の足しになるかと思い
売却の相談をしました。

その他に何か活用できるならば教えて頂きたいです。
例えば、「投資不動産」で老後を安定させたい。

新潟の実家の空き家のご相談をワンストップで。
イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いしております。

 

最近、話題になった「2000万円不足」問題

実際に年金システム自体が100歳まで生きることを
想定して計画されていないことが原点にありますが
いずれにせよ個々の家庭によってこの金額は変わってきます。

したがって自分の生活設計に合わせた不足額がいくらになるのか
計算することが大事になってきます。

少子高齢化、人口減少、人生100時代と言われる現在、
年金に頼ってばかりではなく自分の資産は自分で作って
いければ安心ですね。

 

投資不動産で副収入

年金は退職後の大切な収入になります。
年金だけで生活できるのであればなにも問題はありません。

しかし、2000万円不足問題が騒がれているように
実際に年金だけでは足りないと感じている方が多いようです。

定年後も再雇用、アルバイトやパートをしている方がいらっしゃいます。
元気なうちはいいですがいつまでも働けるわけではありません。

そこで検討したいのが不労所得としての安定した収入です。
不労所得とは、それを得るために労働をする必要がない所得のことです。
働かなくても得られる収入や収入源という意味です。

株やFX、不動産投資など様々です。

不動産投資の良いところは何歳からでも始められることです。
人気物件となれば毎月安定した家賃収入が得られます。

最近では不動産投資とは一部の富裕層が行っているわけではなく、
若い層の方も将来の老後生活の為に不動産投資を
行う方が増えているようです。

しかし、資金計画や物件選びに失敗すると副収入どころか
老後の大きな負担を抱えることになりかねません。

所有している土地、住宅、マンションは投資物件に向いているのか?
それとも売却したほうがいいのか?

不動産のプロにご相談ください。
無料査定、ご相談はこちらから
⇒ >> 不動産売却査定のご相談はこちらから

 

首都圏売却相談会のご案内

首都圏売却相談会開催のお知らせ

不動産部門のハーバーエステートでは
新潟県外にお住まいの方に出張で相談会を
定期的に行っています。

4月、6月開催は多くのご参加をいただき、
遅くにお申し込みいただきました皆様には
一部お断りさせて頂きご迷惑をおかけいたしました。
ご参加希望のお客様はお早めに申し込みを。
先着10名迄です。

首都圏売却相談会開催
「首都圏売却相談会」をご希望される場合は
下の方にお申込みフォームへのURLがございますので
専用フォームよりお申込みください。

首都圏にお住いのお客様は、新潟のご実家や
お困り不動産についてご相談できます。

今回は投資不動産鑑定士の資格をもつ責任者でもある
安孫子が出張いたします。

売却を考えている方はもちろん
投資不動産にご興味がある方もどんどんご応募ください!

期日:令和元年 8月25日(日)13:00~17:00
場所:ブリッジにいがた
(東京都中央区日本橋室町1-6-5だいし東京ビル2階 日本橋三越前)

※開催時には多くのご参加いただき、誠に有難うございました。
個別相談に付、完全予約制になります。

参加無料です。
先着順になりますのでお早めにお申し込みください。

お申込みはこちらから
⇒ >> 首都圏売却相談会のお申込みはこちら