今、新潟の空き家が、社会問題になっています

他県の問題ではありません。

使われていないご実家、不動産はありませんか?
新しい持ち主を探しませんか?

報道では、空き家は直近の5年で26万戸も増え、
昨年の10月1日時点では、846万戸と過去最高と。

新潟でも例外ではありません。
空き家率、全国でも25番目に高いです。

新潟市では空き家の改修に必要な補助金制度も行っており、
補助金利用者は増加傾向にあります。

新潟市の不動産が不足している今が売却を考える適した
時期ではないでしょうか。

現在、消費増税や春の不動産が活発になる影響を受け
新潟市の不動産が不足しております。

特にマンション、中古住宅が不足しております。

新潟の実家の空き家のご相談をワンストップで。
イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いしております。

ゴールデンウィークなどでご親戚が集まる機会が
ありましたら話し合ってみてください。

スピード売却には購入希望者の気持ちを考えることが重要です。

一体、購入希望者はどのような物件をいつどんな条件で探すのかを
考えて売却活動をしてみてはいかがでしょうか。
⇒ >> 不動産売却査定のご相談はこちらから

 

家を購入するタイミングを知ろう!

家の購入を考えるときはライフスタイルが
変化する時が多いと言えます。

出産を機に、子供の入学、進学を機にという理由が
最も多いように感じます。

小さなお子さんをお持ちの購入希望者が一番に考えることは
子育てがしやすい環境か?ということです。

保育園、小学校などの通学に便利かなどと教育環境に重きを置き、
お子様をどこに通わせるかを考えた上で近くに遊び場があるか、
危険なところ、治安は悪くないか、などを考慮し選ぶ方が多くいます。

春の不動産が活発になる時期にいい物件に出会えず
購入を見送った方が多くいらっしゃいます。

購入を見送った方々と条件があえばスムーズな売却が可能です。

現在、鳥屋野小学校区、桜が丘小学校区、横越小学校区の物件を
探されてる方が多数いらっしゃいます。

鳥屋野南、山二ツ、曽野木がいい!という方も多数いらっしゃいます。

このエリアの物件の販売が開始されると
おかげさまで募集開始から最短で15日間でご成約となりました。
弊社のホームページでは、お預かりした土地、中古住宅、
マンションなどの売却実績を随時更新しています。

人気エリアにつきましては買取も行っておりますので
近所に売却を知られたくない、早く現金化したいという方は
ご相談ください。

上記であげたエリア以外も随時募集中ですので
お気軽にご相談ください。

誰も住まなくなった家に新しい家族を迎えましょう。

無料相談、無料査定はこちらから
⇒ >> 不動産売却査定のご相談はこちらから