新潟の不動産を売却、実家の未来を話し合おう

争族争いにならない為の3つのポイント

放置しているご実家の不動産はありませんか?
不要になった土地や住宅、マンションを売却しよう!

もうすぐ大型連休のGWが近づいてきましたね!
皆さんはどのように過ごす予定ですか?
来月1日からは新しい元号の「令和」ですね。
過ごしやすい季節ですし、
実家に帰られる方もいるでしょう。

不動産をお持ちの方は様子を見に行かれる方も
いるのではないでしょうか?

新潟の実家の空き家に明かりを灯してみませんか。
イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いしております。

相続しました不動産について、
将来どのように活用していくかお考えですか?

 

人生100年時代の到来(備える事の大切さ)

現在の日本人の半数はすでに87歳
(男性84歳、女性90歳)まで
生きる時代になっています。

寿命の伸びは今後も続くと見込まれ、
2007年生まれの日本人の半数は
107歳まで生きられると予測されています。
(ライフ・シフトより)

新しい「令和」変わる5月1日とGW前後には
実家に帰省される方もいらっしゃると思われます。
ご家族や親せきが集まる機会にご実家をどうするか
話し合ってみてはいかがでしょうか?

ここで問題になってくる事は以下の通りです
・就業問題(何歳まで働けますか?)
・年金問題(いつからもらえる又、それで生活できますか?)
・住宅問題(都市部でも急速に人口が減少)
・老化問題(痴呆、施設入所)

以上のように問題は山積です。
⇒ >> 不動産相続勉強会のお申込みはこちら

 

でも実際は何とかなるさの考え方の人がほとんどです。

現実的に私どもは何とかならなかった人の
末路を既に見始めています。
この中のひとつでも真剣に
今、考える必要があります。
(相続勉強会ではこのような取組もしております。)

相続は突然やってきます。
バタバタした中、することがたくさんあります。
知識を身に付け備えましょう。

できればご両親が元気なうちに
ご実家の今後をご家族で話し合っておくのが
理想ではないでしょうか?

事前に話し合っておくことで兄弟・親族同士で
相続争いを防ぐことができます。

うちには実家くらいしか不動産ないから、
兄弟同士仲がいいから相続争いになんてならないよ。
と思っていてもいざ相続となったらトラブルになってしまう
事例が多数あります。

すでに相続されて空家や空室の手入れをしに新潟へ…
という方もいらっしゃいますか?

空家や空室にしておくのはもったいないです。

■2030年空き家率30%(住宅の約3割が空き家に)
総務省のデータでは2013年空き家は820万戸あり、
空き家率は13.5%です。17年では1000万戸。
30年の空き家率は30%台を上回る予測があります。

資産を把握、整理しておく

まずは現状を知ることから始めましょう。
総資産がいくらあるのか?
不動産は持っているのか?
相続人は何人いるのか?

不動産は分けられない

分けることができない不動産はトラブルの種。
売却をして現金にする?
不動産を相続しない人は現金で解決?

一番は細かなことまで話し合っておく

ご両親がご健在のうちにどう財産を分けるか
細かく話し合ってください。
話あうにも知識が必要です。
相続には税金がかかりますので、税金のことも
考えながら話し合う必要があります。

誰か一人でも納得いってないままでいると
後々大きなトラブルに発展する可能性があります。

 

不動産相続勉強会のお知らせ

相続勉強会とは、不動産をお持ちの方が
知っておくべき相続の基礎知識などを、
事例を交えながらわかりやすく学ぶことができます。
次回開催日は…

相続勉強会のお知らせ

相続勉強会の開催予定相談会・セミナーの開催は
弊社ホームページで公開しております。
今回は下記のご日程の予定相談会をご案内します。

2019年4月28日(日)
・時間:【午前】10:00~12:00
    【午後】14:00~16:00
・会場:東区プラザ(東区役所内)
・定員:各回10名様(申込先着順)
参加費:無料

参加費無料・完全予約制となります。
先着順となりますのでお早めにお申し込みください。

その他に山の下、大形、石山でも
地域勉強会を開催しております。
詳しくはお問い合わせください。

申込は弊社専用の申込フォームからお願い致します。

⇒ >> 不動産相続勉強会のお申込みはこちら