マンションや住宅の売却、手残りは結局いくら?

新潟の実家を売却して手残りを考えると思います。
中古住宅とマンションでも異なります。

– 住み家を新しくする。
– 住み替えをする
– 住み替え資金に手残り金額を入れる

手残りを使って住み替え資金をお考えると思います。

売却金額が全額手元に残ると思っていませんか?

新潟の実家の空き家に明かりを灯してみませんか。
イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いしております。

実際の手残りを考えて住み替えをしましょう。
現在住んでいる住宅を売却し、売却した金額を新居に
充てることできたらいいですよね。

一体いくら手残り
が残って住み替え費用にあてることが
できるのでしょう?

住み替えには思いのほか費用がかかるんです。

・売却費用、

・購入費用、

・諸経費

3つのポイントを

意識してお金のスケジュールをたてましょう。

新築住宅、中古住宅、マンションへの住み替えは
それぞれの専門家が親身に対応させていただきます。

より良い住まいへのお手伝いいたします!

売却する際の費用
前回詳しくしましたが、状況により異なってきます。

– 仲介手数料
– 印紙代
– ローンの完済費用
– 譲渡所得税
– 相続税
– 住民税

前回の詳細はこちらをご覧ください。
⇒ >> 新潟のマンションや住宅の売却、手残りは結局いくら?

 

 

購入する際の費用

・印紙代…売買契約書に貼付する印紙代金

・仲介手数料…売却時と同じく不動産会社に支払う手数料

・固定資産税、住民税…固定資産税評価額から算出

・登記費用…登記の名義変更の費用、司法書士に支払う手数料

・住宅ローンにかかる費用…事務手数料、印紙代金など

・不動産取得税…不動産を購入した場合に課税される税金です。
条件を満たせば軽減措置が適用されます。

その他にかかる諸経費

・金融機関…住み替え資金の借入に関する諸経費

・保険料…団体信用生命保険料、火災・地震保険料

・リフォーム費用…中古住宅、中古マンションの場合

・解体費用…解体更地で売却する場合、滅失登記費用

・測量費用…売却時測量が必要な場合

住み替えには費用が沢山かかりますし、
支払い先や支払いのタイミングもそれぞれ違います。

しっかり把握して、こんなはずじゃなかった、
住み替え資金として貯蓄していたのに全然足りなかった、
などならないように事前にぜひ相談してください。

弊社では、売却は売却専門のスペシャリストが、
購入は購入専門のスペシャリストがおりますので
安心してご相談ください。

ご相談、無料査定はこちらから
⇒ >> 不動産売却査定のご相談はこちらから

住み替えはスケジュールも、資金計画も余裕をもって
準備しましょう。

※税金関係の詳細につきましては、
最寄りの税務署、市役所の納税課にお問合せしてください。