知らないと損をするマンションの不動産売却術

雑誌やインターネット上で色々と情報が蔓延していますが
知りたい情報や押さえたい情報を見逃ししていませんか。
沢山ある情報の中でこの3つのポイント」を抑えるだけで
マンション売却が大きく変わると思います。

新潟の実家の空き家に明かりを灯してみませんか。
イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いしております。

-マンション売却より購入の方が
「難しいって思っていませんか?」

実はそれって「真逆なんです。」
マンションを購入する時、
色々な物件を見てまわって、
吟味して、決めませんでしたか?

マンションを売却する時、、、
投資不動産をされてる方など別ですが
不動産売却は人生で一度あるかないかの大きな出来事です。

新潟市中央区のマンション売却は高額になる場合があります。
「手順や選び方を間違える」と大変なことになります。

そして、、、
「少しでも高く売りたい」、と思うのが売主の本音です。
それが、実は売却を難しくする原因のひとつになります。

初めての新潟市マンション売却で
「売却ってする事がたくさんあって困っている」
という方は最低限この3つに絞って押さえてください。

1.マンション査定額にガッカリしない
2.物件が売れない時は販売戦略確認する
3.売却査定を依頼する業者や担当者見極める

売却にはやらなくてはいけない事がたくさんあります。
依頼したのだから、
「不動産会社に任せっきりでいいのでは?」
と考えがちかもしれませんが、
売却における
一番の当事者売主のあなたです。

マンションの売却完了までの
工程の担当者は「売主のあなた」です。
売却工程を現実にする為に
しっかりと基本を押さえておきましょう。

 

1.マンション査定額にガッカリしない

購入当時の価格を考えるとまさか
そんなに下がっているはずはない。
という考えが頭をよぎり、売却価格を高めに
設定する売主は少なくないです。

しかし売却価格を周辺の相場よりも高くして
売りに出してもなかなか売却はできません。

一般的には売主は高く売りたいものです。
だからこそ、
査定価格が高ければうれしいものですよね。

マンション査定価格
不動産鑑定評価とは異なります。
市場相場や、エリアや成功事例、築年数等を加味して、
実際に、担当者が算出した
「売却できるであろうおおよその目安価格」
としてマンション査定価格を提示しています。

また、中央区マンション査定価格は
絶対に売れる価格ではありません。
マンション査定価格よりも高く売却できる可能性も、
査定価格よりも成約価格が低くなる可能性もあります。

売り手に売却事情やタイミングがあるとの同様に、
買い手にも事情やタイミングがあります。
販売活動での売却している期間で
どのくらい興味を持っている方が
いるかはその時々で違うことが理由のひとつです。

マンション査定を依頼した不動産会社からの
査定価格は
あくまで参考にとどめておきましょう。
むしろ不動産査定の根拠と不動産会社の行う販売手法や
担当者の考え方に着目し、マンション査定依頼先を選ぶ
ポイントとしておいた方が良いと思います。

⇒ 不動産早期売却のご紹介応援キャンペーン

2.物件が売れない時は販売戦略を確認する

折角数ある不動産会社から選んで販売活動をしていますが、
「売れない」と頭を抱えている方が多くいらっしゃいます。

周辺のマンションの売出状況を比較し、
決して相場より高いわけじゃないにもかかわらず、
なかなか売れなくて困っているという声をよく耳にします。

問合せが少ないと、依頼不動産会社から、
販売価格の相談をされるケースがよくあります。
「販売価格を下げましょう
と言われて売主もビックリされることも多々あります。

宅地建物取引業法(通称:宅建業法)には、
宅建業者は
「専属専任媒介契約」では、1週間に1回以上、
「専任媒介契約」では2週間に1回以上、
売主に対し販売業者が報告しなくては
いけないと定められています。

この報告でどのような販売活動を行い、
結果どうっだったか詳細が説明されていれば
売主も納得できたはずです。

購入希望者は購入時に
インターネットで希望する物件を
検索することが現在の主流です。

お問い合わせが少ない場合は?
内覧に至らない場合は?
内覧になるが成約されない場合は?

それぞれに理由と解決策があります。

販売価格を下げる前に、
改善できる販売活動があるかもしれません。

 

3.売却査定を依頼する業者や担当者を見極める

マンション売却で一番難しいことは、
不動産会社選びかもしれません。
新潟にもたくさんの不動産会社があります。
大手企業から中小企業まで。

大手には大手の、中小企業には中小企業の良いところが
あります。

何を基準にどう選べばいいのか悩まれることもあるでしょう。

まずは査定依頼をしてみて、不動産会社や担当者を
見極めましょう。

担当者を見極めるには、
しっかりコミュニケーションが取れているか、
自分と相性があう人であることはもちろん、
不動産取引のスキルや
提案のレベルが高いかどうかで選びましょう。

最近では、
複数の不動産会社へ査定依頼をする方が増えています。
ポータルサイトから一括で査定依頼することができます。

しかし、不動産会社によって査定価格には
ばらつきがあります。

査定価格が高いところへお願いしたくなりますが
待ってください!

査定価格も重要ですが一番気にしていただきたい点は
なぜ
その査定額にしたかという根拠を明確に説明できるかです。

ここで担当者の不動産取引・提案のスキルや
レベルを見極めることができます。

根拠となる、成功事例や相場、
市場動向がしっかり調べられているか。

そして、売主が何を優先したいかの
販売提案ができているかを見極めて頂きたいと思います。

価格重視なのか、
早期売却なのかによっても金額は変わってきます。

注意したいのが、
高い価格で査定をする不動産会社がいることです。

高い査定額につられて媒介契約を結んだとしても、
売れなければ、後になって値下げするように迫ってきて、
結局、時間が無駄にかかる場合もあるんです。
良い不動産会社は、査定価格とその背景をはっきり提示します。

初めてのことは慣れていないだけに、
悩みや失敗、迷いなく取引を終える
ことのほうが少ないと思います。

マンション売却でも同じことです。
今回挙げた3つのポイントを押さえながら
マンション売却を実現してください。

⇒ >> 不動産売却査定のご相談はこちらから