親名義のマンションや中古住宅は売却できるの?

最近こんなご相談が増えています

イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いしております。

親が認知症になってしまったので施設に入るから
実家を売却して介護費用当てたい

親と同居することに、
売却を頼まれたが
親名義の不動産を売却できるのか?

このような悩みを抱えた方が
たくさんいらっしゃいます。

施設に入ったり、
同居になった場合の実家をどうするか

選択肢は3つあります。

・家族、親族が居住する
・賃貸にする
・売却する

ご家族の方が居住する方が理想です。
しかし核家族化が進んでいる現在、
すでに違う場所で家を持っている場合や
遠方に住んでいる場合がある為難しいようです。

賃貸にする場合、
固定資産税や維持費の管理や
手間がかかってしまいます。
タイミングによっては入居者が
すぐに現れない場合もあります。

住む方がいらっしゃらないのであれば
売却をお勧め致します。

 

親名義の不動産を売却できるのか?

配偶者親、
兄弟であっても勝手に売却することはできません。
必ず名義人に売却する意思が
あるかどうかを確認する必要があります。

名義変更をすれば家族でも売却することができますが
名義変更も名義人の同意を得なければいけません。

名義変更をして売却する

生前の名義変更は贈与になり、贈与税がかかります。
贈与税については最寄りの税務署、市役所の税務課に
お問い合わせください。

名義変更をせずに
代理で売却する場合
委任状が必要

不動産会社への相談、内覧の立会い、
書類の準備は家族が代わりにすることができますが
売買契約の際は名義人本人の同席か、
名義人の委任状が必要となります。

名義人が認知症

知的障害、精神障害の為、
判断能力を欠いている場合

認知症などで判断能力を欠いている場合、
成年後見人制度を利用する必要があります。

不動産や預貯金の管理をしたり、
契約を結んだりすることができます。

成年後見人家庭裁判所により選任されます。

成年後見人に選任された方が、
不動産を管理できますので売却も可能になります。

時間がかかるので早めに行動する必要があります。

同じような悩みをお持ちでしたら、ご相談ください。
経験豊富な専門スタッフが対応致します。
詳しくはお問い合わせください
無料相談、無料査定はこちらから
⇒ >> 不動産相続勉強会のお申込みはこちら

 

不動産相続勉強会のお知らせ

相続勉強会とは、不動産をお持ちの方が
知っておくべき相続の基礎知識などを、
事例を交えながらわかりやすく学ぶことができます。
次回開催日は…

相続勉強会のお知らせ

相続勉強会の開催予定相談会・セミナーの開催は
弊社ホームページで公開しております。
今回は下記のご日程の予定相談会をご案内します。

2019年3月24日(日)
・時間:【午前】10:00~12:00
    【午後】14:00~16:00
・会場:東区プラザ(東区役所内)
・定員:各回10名様(申込先着順)
・参加費:無料

参加費無料完全予約制となります。
先着順となりますのでお早めにお申し込みください。

その他に山の下大形石山でも
地域勉強会を開催しております。
詳しくはお問い合わせください。

申込は弊社専用の申込フォームからお願い致します。

⇒ >> 不動産相続勉強会のお申込みはこちら