相続された不動産を売却、法律が変わります。

九州の面積を上回る土地が所有者不明になっていて、
現在も増え続けているのが現状です。

実家があるが別に家を建ててお住まいの方、
他の県で生活していて新潟へ戻る予定がないという方は
知っておいていただきたい情報です。

 

不動産売却をしている中で相続された
不動産を売却しようと査定するために登記を取得すると
相続登記されずに放置していた方が多くいらっしゃいます。

今までは相続してても登記名義変更
義務ではありませんでした。

しかし、その法律が改正されます。

イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いしております。

定期的に不動産相続勉強会を開催しております。

不動産相続勉強会では今回のように
法律が変わる内容など詳しく事前に知ることができます。

ぜひご参加ください。
詳しくは下記をご覧ください。
⇒ >> 不動産相続勉強会のお申込みはこちら

 

なぜ所有者不明の土地が増えるのか?

空家、空地になる一番の原因相続です。

相続されたが相続登記されずに放置された結果が
所有者不明になっているようです。

相続登記されなければ、
所有者の所在や生死の把握が難しくなります。

しかし、相続登記は義務ではなく任意なので
名義変更の手続きを行うかは
相続人の判断にゆだねられているのです。

 

なぜ、相続登記をしないのか?

相続したところでメリットを感じられない、
相続登記の手続きが面倒、
費用がかかるなどがあるようです。

山林を相続したがどこにあるのかわからない、
相続したら相続税は払わなければいけないし、
固定資産税毎年払わなければいけない。

しかし、資産価値の低い土地では
売却するにも買い手がいない、利用価値がないためと
デメリットが目立ってしまいます。

 

民法改正で何が変わるのか?

一番の変更点は相続登記義務化になることです。

今まで、相続登記は任意でしたが民法改正により、
相続したら必ず相続登記をしなければいけなくなります。

しなければ罰則罰金の可能性もあるようです。

その他にも相続に関して変更点があります。

相続は誰にでも起こることです。
子供が巣立ち夫婦二人の生活、実家をどうするか?
現在は両親が元気だがもしもの時、不動産をどうするか?

話し合ってみてください。

 

不動産相続勉強会のお知らせ

相続勉強会とは、不動産をお持ちの方が
知っておくべき相続の基礎知識などを、
事例を交えながらわかりやすく学ぶことができます。
次回開催日は…

第3回地域勉強会

2019年2月26日(火)
・時間9:30~11:30
・会場:大形まちづくりセンター 集会所
・定員:各回10名様(申込先着順)
・参加費:無料

参加費無料・完全予約制となります。
先着順となりますのでお早めにお申し込みください。

その他に山の下大形石山でも
地域勉強会開催しております。
詳しくはお問い合わせください。

申込は弊社専用の申込フォームからお願い致します。

⇒ >> 不動産相続勉強会のお申込みはこちら