新潟の住み替え相談窓口がひとつで大助かり

定年を迎える頃、新潟の実家の住宅も定年に。
豊かな生活を送るために事前準備を。

新潟の実家を新たに明かりを灯してみませんか。
イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いしております。

住み替え相談窓口は、販売方法では
不動産窓口が複数になる場合があります。
その販売方法が、「買い先行」「売り先行」です。
・買い先行:資金的に余裕が有る方。
・売り先行:売却代金を購入資金に充てる。

新潟での住み替え、消費税も考え資金計画をしよう。
前回同様、消費増税について注目されています。
不動産・住宅業界では価格が非常に高額なため、
2%の消費税は高額になります。

2019年10月の消費増税が決定され、
その影響が大きく出ることが予想されます。

新潟市の中古住宅、マンションを売却し住み替えを
検討している方は売却時にかかる消費税、
住み替え先を購入する場合の消費税について
気になることでしょう。

消費税のかかる代金と消費税のかからない代金

消費税のかかるもの

・建物購入代金
・仲介手数料
・司法書士に払う代金
・融資事務手数料

消費税のかからないもの

・土地購入代金
・土地の定着物(庭木や石垣など)
・登記免許税、印紙税などの税金
・保険料の支払い

消費税とは商品やサービスに課税される税金です。
土地などは使用しても消費されませんので
非課税となります。

登記免許税、印紙税はその代金自体税金ですので
非課税となります。

その他詳しいことはお問い合わせください。

住み替えの場合、購入住宅の金額だけを
気にしがちですが、消費税負担のことも
資金計画に入れておかなくてはいけません。

3,000万円のお買い物をしたら消費税8%の時は
3,240万円、10%のときは3,300万円になります。
60万円の差がでてしまいます。

なるべくお得に住み替えしたいですよね!

相談窓口はひとつにして、不動産のプロにご相談ください。

無料売却査定、ご相談はこちらから
⇒ >> 不動産査定のご相談はこちらから