定年を迎える頃、実家の住宅も定年を迎える

これでは豊かな老後は望めますか。

新潟の実家の空家に明かりを灯してみませんか。
イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いしております。

相続された新潟の実家が定年を迎え
住替えで豊かな老後を考えてみませんか。
売却で無理をしない住み替えをしましょう

より良い住み替えとはどんな住み替えを言うでしょうか。

現在住んでいる住まいよりも自分に合った新しい住まいを
購入することでしょうか。

住まいが自分に合っていても資金面で厳しい状況になっては
より良い住み替えとは言えません。

相続されたご実家、長年住んでいない空家などありましたら
これを機に売却を検討してみてはいかがでしょうか。

売却代金を住み替え資金に充ててみてはいかがでしょうか?

資金に余裕をもってより良い住み替えを成功させましょう。

今回、相続勉強会のご案内をいたします。
相続された不動産の今後について勉強していきましょう。
詳細は下にスクロールしてご覧ください。

 

住み替えするには「買い先行」と「売り先行」

があります。メリット、デメリットを比較しましょう。

住み替え資金に余裕があると買い先行の住み替えができます。

「買い先行」とは現在住んでいる家の売却代金に
頼らずに新居を買う方法

・新居の頭金を貯蓄で用意ができる方
・新居の頭金を貯蓄で用意ができ、二重ローンを払える方にお勧めします。

「買い先行」のメリット
・新居をあせらずに探すことができる
・仮住まいの必要がない為、引越が一回ですむ

「買い先行」のデメリット
・今の家の売却する代金に頼らずに、ある程度の資金が事前に用意が必要
・家が売れない期間中は、二重ローンを払う必要がある

貯蓄がなくても先に購入を進めるには「つなぎ融資」

つなぎ融資とは、住宅ローンを申込み、実際に融資が
下りるまでの期間に組むローンのことです。

住宅ローンの融資時につなぎローンを完済します。

しかし、つなぎローンはデメリットがあり
住宅ローンより利子が高く、手数料や保証料がかかります。

売却代金を購入資金に充てる住み替えを「売り先行」と言います。

「売り先行」とは売却した代金を新居の購入資金に充てる方法です。
売却代金を先に確保できる為、新居の購入計画が立てやすく、
まとまった貯蓄がなくても進められます。

「売り先行」のメリット
・売却代金が先に分かるため、新居購入価格の目安がつけやすい
・あせらずに売却を進めることができる

「売り先行」のデメリット
・仮住まいへの引越、新居への引越と2回の引越が必要
・新居がタイミングよく見つからない
・不動産を売却するにはローン残債を一括で返済する必要があります。
・残債と新居購入資金を合わせて借り入れることができる「買い替えローン」

買い替えローン詳しくはこちらをご覧ください。
⇒ >> 不動産査定のご相談はこちらから

 

現在お住まいの売却はもちろんですが他に
相続された不動産や放置されている不動産がありましたら
ご相談ください。

住み替えするなら資金が多い方が安心ですよね。

 

相続勉強会のお知らせ

相続勉強会とは、不動産をお持ちの方が
知っておくべき相続の基礎知識などを、
事例を交えながらわかりやすく学ぶことができます。

10月開催日は…

2018年10月11日(木)
・時間:10:00~12:00
14:00~16:00

2018年10月28日(日)
・時間:10:00~12:00
14:00~16:00

・会場:東区プラザ(東区役所)

・定員:各回10名様(申込先着順)

・参加費:無料

参加費無料・完全予約制となります。
先着順となりますのでお早めにお申し込みください。
申込は弊社専用の申込フォームからお願い致します。
⇒ >> 不動産相続勉強会のお申込みはこちら