新潟市の不動産を売却し上手に住み替える○○選び

新潟の実家の空家に明かりを灯してみませんか。
イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いしております。

今年は10つくしがたくさんあります。
あの「リーマンショック」から10年と投資状況の変化、
ふるさと納税の見直しが10月より始まり、
来年の10月から消費税率が10%に引き上げの予定と、
投資、不動産の購入、不動産の売却と環境が目まぐるしく
変化する「10つくし」です。

今お持ちの新潟の不動産や相続しました実家の不動産。
それぞれタイミングがカギとなります。

不動産市場が売り手や買い手のタイミングを見極める
必要があります。そのタイミングに乗ることが大切です。

新築住宅、中古住宅、マンションへの住み替えは
それぞれの専門家が親身に対応させていただきます。

より良い住まいへのお手伝いいたします!

どんな方が住み替えるのか

中古住宅やマンションを売却し新築住宅に住み替える方は
どんな理由が多いのでしょう。

現在の住まいに不満がある、老朽化が気になるという
理由があります。

新築は、耐久性があり、自由設計を選べば間取りや様式を
自由に選ぶことができます。

現在住んでいる中古住宅やマンションを売却し
売却費用を資金に新築住宅を購入したいと
考えている方が多いようです。

新築を建てる時の思わぬ落とし穴

新築住宅を建てるためにハウスメーカーへいき、
打ち合わせを重ねていくが、土地が見つからない!
という方がいらっしゃいます。

希望の小学校区が見つからない!
土地が見つかったが予算オーバーしてしまう!
など、なかなかぴったりの土地を見つけるのは
難しいのです。

ハーバーエステートはハウスメーカーの
ハーバーハウスのグループ会社です。

土地探しはもちろん、

住んでいた住宅の売却も専門スタッフが対応致します。

探していた土地にぴったりのセットプランも
ご用意しております。

売却のご相談はこちらから
⇒ >> 売却のご相談はこちらから

 

土地選びのポイント

皆さんは2019年問題と言う言葉を聞いた事があるでしょうか?

これは2019年を境にして日本の世帯数が減少し始める事を
危険視して言われた言葉です。

人口や世帯数が減ると当然の事ながら住宅市場が縮小します。
→そうなると需要の高い地域と低い地域との格差が広がります。
→これにより賃貸住宅の成り立たない地域や土地価格の下落の激しい地域が現れます。
=資産の減少につながります。

現在、来年の消費税UPの前に住宅を購入したいと言うお客様が
弊社にも数多くご来店頂いておりますが、今後、土地を選ぶにあたっては
以下のような事に注意されるようにお勧めいたします。

①交通面での利便性を考える
街の中心部へのアクセスや駅までのアクセス及び
バス停が近いなど重要なポイントです。

②日常生活の利便性を考える
スーパーやコンビニ、病院や公共施設などが近く
にある事。

その他の3つのポイントはこちらから
⇒ >> 売却のご相談、査定はこちらから

 

上記これらのことを考えて購入するならば、
将来的にご自分の資産が大幅に減る事はないと思いますが、
最終的には「そこに住む意義」ご家族の意見がベクトルとなります。

今回は新しく土地を購入する場合のお話でしたが、
空家・空地等をお持ちの方も2019年問題は関係あるお話です。

お早目の売却をお勧めいたします。

 

◆売却相談会(飛込みご来店OK)無料

不要な不動産の売却や住替えご検討のお客様大歓迎!!

期日:平成30年9月1日(土)~9月30日(日)10:00~18:00

場所:イエステーション新潟本店(新潟市中央区明石2丁目2-20)
イエステーション燕三条店(三条市須頃1丁目32-2)
イエステーション長岡店(長岡市神田町2丁目1-2)

※空き家、相続、不動産売却、アパート経営、贈与、信託など
無料でご相談いたします。

お申込みはこちらから
⇒ >> 売却のご相談、査定はこちらから