新築マンションがどんどん建築されているなか、
果たして築年数の古いマンションは売れるのか?
と不安を抱えていませんか?

新潟の実家の空き家に明かりを灯してみませんか。
イエステーション新潟店ハーバーエステートでは
新潟の実家を活気ある姿へよみがえらせようと
相続や売却査定から販売までお手伝いをしております。

ハーバーエステートよりLINE限定のお得な情報配信中!
ハーバーエステートではLINE@配信開始しています。
LINEのご登録はURLもしくは検索IDからご登録ください。

LINE@ URL : http://line.me/R/ti/p/%40nga9953e

LINE@ID:@herbar_jutaku

ハーバーエステートではきめ細かい対応、
お得情報としてLINE@を配信しています。

現実に築浅のマンションが
高く、早く売却していきます。

しかし、築年数の古いマンションには
古いからこその良さがあります。

あきらめずにまずはいくらくらいで売却できるか
査定してみましょう。

古いマンションをリフォームしたい

近年、DIYやリノベーションが流行っています。
古いマンションを自分好みにリフォームして
住みたい方が増えています。

購入者が好きなようにリフォームしたいので
売主がリフォームする必要はありません。

しかし、水回りなどがあまりにも汚れが気になる場合は
部分的にリフォームをしたり、ハウスクリーニングを
すると高く売却する可能性があります。

弊社ではリフォーム部門、
ハウスクリーニング部門も
ありますのでご相談ください。

現在全国的に築年数の古いマンションが増えてきました。

全国に築50年のマンションが5.3万戸、
築40年のマンションが67.6万戸、
築30年のマンションが112万戸、
築30年以上たったマンションは合わせて
184.9万戸にも及びます。

将来古いマンションは増え続け、
10年後には約2倍に、20年後には約3倍になると
予想されています。

(2017年末 国土交通省発表)

http://www.mlit.go.jp/common/001235973.pdf

耐震制度も重要になってきます。

1981年6月に耐震制度の基準が変わり、より厳しくなりました。

1981年6月以前の建物は、旧耐震と呼ばれ
以降の建物は新耐震と呼ばれます。

新耐震のマンションと旧耐震のマンションを
比較すると新耐震のマンションがやはり売れやすいでしょう。

立地がいい所に住みたいが予算が限られている

新潟駅周辺を希望しているが予算がオーバーしていて
新築マンションや築浅マンションを購入できない方は
予算に合わせ古いマンションを選ぶ傾向にあります。

周りの物件に比べて安さが一番の売りです。

築年数が古いからマンションが売れるか不安…と考える方も
多いと思いますが、売れないわけではありません。

古いマンションを好んで選ぶ方もいらっしゃるのです。

どんな方が購入するかを把握し、どのような販売活動を
していくかを考えていきましょう。

築年数の古いマンションも
あきらめずに
販売し続けてみましょう。

ターゲットをかえ販売活動を行いましょう。

しかし、新潟市では築年数の古いマンションを購入するより
築浅マンションを好む傾向にあります。

実際築浅のマンションの方が高く、早く売却します。

売却の予定があったらなるべく早く売却活動を始めることを
お勧めします。

まずは相談からいかがでしょうか?

>> 不動産査定のご相談はこちらから