不動産売却の諸経費と税金、手残り!

新潟市中央区マンション不動産売却の
諸経費と税金、手残りは、
事前に確認しておきたい諸経費と税金。
不動産の売却には税金や諸経費がかかり、

*********************************************
お友達追加はこちらから
画像のQRコードから読み取っていただくか、
@herbar_jutakuを検索していただくか、
または、URLから友達追加をしてください。
→ http://goo.gl/VA2PnX

・・・・・・・・・・・・・
友だち追加
*********************************************

手残りの金額は諸経費と
税金を差し引いた金額になります。
気になる売却の費用については次の内容になります。

 

 

 

1.不動産会社へ支払う仲介手数料

2.所得税・地方税が所有期間により

売却によって売却益が出た場合は税率が異なります。

3.境界測量費用は土地や中古住宅を売却する場合

確定測量費用、境界杭打ち費用がかかります。

4.解体・更地費用は中古住宅として売却できない場合は

解体更地費用がかかります。

5.登記費用、ローンが残っているときなどの抵当権抹消登記や

司法書士への報酬

6.不動産売買した時の契約印紙費用がかかります。

 

 

不動産で現在住んでいない空き家をお持ちの方

相続でお持ちの空き家住宅を
売却する際に税制が
改正されたことはご存知でしょうか?
最大で600万円の節税が可能です。

 

2016年の4月から所有の中古住宅の不動産を
売却して手にした金額について、
3千万円の特別控除が
認められることになりました。

一定の条件を満たした相続した物件が
最大で約600万円もの
節税になるだけに、
不動産売却で手残りの金額に大きく影響。

想定外の測量費用がかかってしまった
ケース土地や居住や空き家の一戸建ての売買で、
あらためて確定測量して売買する場合や

境界が確定できない場合などの
杭打ち費用の測量費用が発生します。

他にも、リフォームしてから売却するケース、
古屋を解体して売却するケースなど
不動産の販売方法により費用がかかります。