住まいの住宅やマンションを買い替えする場合には

不動産売買契約新潟市中央区での中古マンションの
住宅ローンが残っている場合、
その資金調達は早急に解決したい悩みどころです。

住宅やマンションの住み替えの際に、
不動産の売却資金だけでは既存の住宅ローンを
返済しきれないところが悩みどころです。
返済しきれない不足分の資金調達を

どのようにすればいいのでしょう?

*********************************************
お友達追加はこちらから
画像のQRコードから読み取っていただくか、
@herbar_jutakuを検索していただくか、
または、URLから友達追加をしてください。
→ http://goo.gl/VA2PnX

・・・・・・・・・・・・・
友だち追加
*********************************************

 

 

 

解決方法1:

自己資金や不動産売却資金で住宅ローンを完済する方法。
住み替えの場合、既存の住宅ローンがあれば
不動産売却決済までその住宅ローンを
完済する必要があります。

一般的には売却資金を住宅ローンの
完済に充てることは一般的なお話です。
売却で受け取ったお金に自己資金を足して
住宅ローン完済をする方法も想定できます。

 

解決方法2:

住み替え住宅ローンを利用しての資金調達
自己資金や不動産売却資金で既存の住宅ローンを
返済しても返済しきれない

不足分が生じた場合はどうでしょうか?

このような場合は、事前に金融機関に相談して
住み替えローンの利用して
新規の住宅・マンション購入資金調達が可能になります。

 

マンション査定 (2)各金融機関には住宅ローン申込者専用
借り換えローンがあります。

借り換えする住宅ローンは、
売却で不足分が生じた既存の
住宅ローン未完済分と新規購入する
住宅ローンの合計額が、
新しい住宅ローンの借入れ総額になります。

このため、借換えによる不動産購入後の返済に
無理のない資金計画が必要となります。

 

住み替えローンの注意点について

不動産の売却による新規の購入住宅価格を上回る借入れする
住宅ローン分は金融機関によっては無担保な状態です。
したがって金融機関の事前審査や
本審査の審査基準が厳しくなります。

年収や勤務先、勤務年数、年齢、
過去の延滞履歴などが影響します。
住宅ローンの借入れをする人が
確実にローン返済ができるか
審査は通常の住宅ローンより厳しくなります。

尚、住み替えローンはすべての金融機関が
取り扱っているものではありませんので
事前に金融機関に相談して
確認をしておくことを
お勧めします。